1. エンジニアの評価として指標となる3つのスキル

エンジニアの評価として指標となる3つのスキル

by William Hook
 「良いエンジニア」や「出来るエンジニア」という言葉がありますが、何を指標として測っているのか理解していない人も多いのではないでしょうか。エンジニアには求められているスキルがあり、それを満たしている人が良いエンジニアといえるのではないでしょうか。ここでは、エンジニアを評価するときの指標となるスキルを紹介したいと思います。

1.プログラミングに対しての深い知識

 エンジニアとしてもちろん必要不可欠なのがプログラミングのスキルです。エンジニアとして、プログラミングが出来るだけにとどまらず、どのような言語であるか、また、どのような特性を持っている言語であるのかを理解しているエンジニアはかなり優秀なスキルを持っていると言っていいでしょう。プログラミングに関しての深い知識が良いエンジニアの指標の1つと言えそうです。

2.ユーザーとしての視点

 ユーザーとしての視点を持っているエンジニアは優秀なエンジニアです。エンジニアであると、どうしても自分の技術を優先しがちですが、ユーザーとしての視点を持っているエンジニアであれば、自分の技術に溺れることなく、ユーザーに使いやすいサービスを提供できるでしょう。

3.コミュニケーション能力

 エンジニアとして、コミュニケーション能力も必要な能力といえます。特に、チームとして改善や企画を作成するときに、エンジニアでも、しっかりと発言し、意思疎通を図ることができるエンジニアというのは、非常に重宝されるでしょう。


 ここでは、エンジニアの評価の指標となる3つのスキルを紹介しました。良いエンジニアを目指す人はこの指標を参考にして、スキルアップを目指してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する