1. 海外旅行のに行く前に実践してもらいたい英語勉強法

海外旅行のに行く前に実践してもらいたい英語勉強法

 夏休みなどの長期休暇には、海外旅行に行くという方々もいるでしょう。時には仕事の都合で海外に行かなければならないという人もいるかも知れません。今回は旅行の前にしておきたい英語勉強法をご紹介します。

【1】リスニングとシャドーイング

 英語を学習する際には、最初に練習素材を見つける事が大切です。例えばCD付きのテキストを購入しそれをリスニングします。一通りCDを聞き終わった後、それについて旅行英語をシャドーイングすることがよいでしょう。シャドーイングとは音声を聞きながら即座に復唱するという練習法です。毎日これを繰り返しているうちに次第に英語を話すことに慣れてきます。大抵CD付きの教材では、テキストを見ると意味が記されている場合が多いと重います。意味が把握出来ない場合にはテキストを見て単語の意味を調べてみましょう。音を覚えた後につづりを知って、その意味を覚えるという方法が上達への近道です。

【2】旅行単語の勉強

 分野別に単語を覚えるということも英語の学習方法として理にかなっています。見たり聞いたりすると分かる単語でも、自分で言おうとすると出てこなくなるということを事前に防止することができるでしょう。特に海外旅行に必須であろうと事前に予測される単語を重点的に覚える事が必須となります。例えば航空関連の単語、交通関連の単語、飲食店関係の単語などです。単語を知っておくだけでいざとなった時に役立つはずです。

【3】旅行際の情報を英語で収集しておく

 旅行先の情報収集方法には、ガイドブックを見る事やインターネットを活用して事前に調べることなどがあると思います。旅行経験者のブログを眺めることも良いですが、海外で作られたホームページを見る事で詳細な現地情報が伺える事もあります。外国のサイトを見る事で、事前に目を英語慣れさせる効果もあります。こういったサイトを見る事で「transportration」(交通手段)や「reservation」(予約)などの表現にも頻繁に触れることができるでしょう。

 英語を勉強する際には、旅行の日程が決まった時点で「どのようなペースで勉強するか」というペース配分を行うことが大切になります。そのためのモデルプランを立てる事により、旅行の日程までに勉強しておくべき課題が見えてきます。勉強の課題とペース配分が決まれば、後はその目標を達成するために勉強していくことで英語力が身につくことでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する