1. 絶対に覚えておきたい英語で断る時に使える2つの表現

絶対に覚えておきたい英語で断る時に使える2つの表現

 英語で実際にコミュニケーションをとろうと思ったら、使えるフレーズは暗記することが大切です。今回は何かを断る時に使える簡単な英語の表現を紹介しますので、是非覚えてみて下さい。

1. No,thank you.

 誰でも聞いた事があるのではないでしょうか。このフレーズは「いいえ、結構です。」と訳される事がほとんどです。この言葉ほどハッキリとNoという意思を伝える言葉はありません。それと同時に、thank youをつけることで相手に不快な思いをさせないようにという配慮が含まれている事が特徴です。英語が苦手だという人でも知っているこの簡単な言葉、"No,thank you."で、相手に対して失礼の無いように断る十分な表現になっています。

2. I'm good.

 これは上記の"No,thank you."に付け加えても使える言葉になっています。このフレーズは「私はいいです。」や「私は元気です。」と訳されることが多いでしょう。ですが、何を断るシチュエーションにおいては「私は結構です。」とハッキリと断る表現となります。何かを勧誘された時に、結構ですという意味で断る時の表現として使えるでしょう。その他、何かを手伝おうとしてくれている人に対しても「自分で出来るから大丈夫です」という意味でも使う事が出来ます。

今回あげたフレーズは簡単なものばかりですが、だからこそすぐに使えると思います。ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する