1. フリーランスの人に仕事を依頼するメリットとその方法

フリーランスの人に仕事を依頼するメリットとその方法

 フリーランスの人に仕事を依頼する方法として、今一番主流になっているものがクラウドソーシングです。クラウドとは群衆、ソーシングとは業務委託を意味し、インターネットで不特定多数の人に専門的な業務を委託できるシステムです。

 専門分野別に効率的にワーカーを探すことができますが、ほとんどの場合メールのやりとりのみで業務を進行させるため、お互いの信頼関係が必要になります。

クライアントの要望

 業者に仕事を依頼するとどうしてもコストがかかってしまいます。毎回利用すると大変なので、何とかしてコストを抑えたいというのがクライアントの本音です。

 また、早急にやらなければならない仕事が発生した際に社内に対応できる人がいない、専門的な仕事で社内にこなせる人がいないなど、業者ではない誰かに仕事を頼みたい時があります。クラウドソーシングは全国のたくさんのフリーランスの人が登録しているので、その中の誰かが対応してくれるでしょう。

クラウドソーシングの利用方法

 まず、依頼したい業務にマッチするクラウドソーシングのサイトを探します。テンプレートに沿って仕事詳細・見積もりを募集する期間・作業開始の予定日・予算・数量・支払方法などを入力します。

 各ワーカーから見積りが届いたら内容を確認し、発注するか断るかを選択します。仕事を依頼するワーカーを選択したら個別に連絡を取り単価変更や納期の変更などを相談し、同意があれば業務を進行します。納品された成果物の内容、数量を確認し「OK」か「NG」かを選択します。納品と請求は同時に行われるため、確認がOKであれば支払いも完了します。作業が終了したら評価をしてすべての業務が完了します。

 ワーカーからクライアントへの評価と、クライアントからワーカーへの評価、両方あるサイトが多いです。評価内容は品質・納期・コミュニケーション・コストなどで評価するのが通常です。この評価は次の仕事依頼にもつながるとても大切な項目です。またサイトによっては、一度業務を依頼したワーカーに、継続的に仕事を依頼したい時に、個人的に連絡ができるシステムを用意しているサイトもあります。

 以上のことを踏まえ、業務効率を上げるためにもフリーランスの人に仕事を委託するという選択肢は持っておいて損はないと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する