1. 活用事例から見る企業のLINEの効果的な活用方法

活用事例から見る企業のLINEの効果的な活用方法

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 現在、LINEを利用することで、集客数を伸ばしたり、購買を促進している企業が多く有り、LINEを今後活用したいと考えている企業にとってはいくつかの教訓となる部分もあると考えられます。ここでは、活用事例から見る企業のLINEの効果的な活用方法を紹介したいと思います。

企業の活用事例

 多くの企業はLINEでクーポンを配布することで集客数をアップさせています。「タワーレコード広島店」では、LINE開設記念に10%オフのクーポンを配信し、LINEで友だちになったユーザーの25%が来店し、クーポンを利用したという結果が出ています。また、「ローソン」ではLチキの半額クーポンをLINEにて150万人の友だちに配信したところ、3日間で10万人が来店したという結果を得ています。

 LINEではホームページを活かしたPR方法も有効な方法です。「無印商品」では、カバー写真自体がリアルタイムのセール告知内容になっているという手法で閲覧者への訴求効果を高めていると考えられます。

企業のLINE活用術

 TwitterやFacebookと一括りにされやすいソーシャルメディアですが、LINEは少し毛色が異なる媒体といっていいでしょう。LINEでは、双方向的なコミュニケーションは取ることができません、むしろ、企業から一方的に情報を発信する場合が多いです。企業としてはソーシャルメディアの持つ、ファンを寄せ付けるという特徴を意識しつつ、メールマガジンのようなお得なクーポンを掲載することで、顧客数を増やす活用方法がLINEでは効果的だと言えるでしょう。


 ここでは、活用事例から見る、企業のLINEの効果的な活用方法を紹介しました。LINEではクーポンや情報のアピールが重要となり、一般的なソーシャルメディアとは違った活用方法が求められるようです。活用事例や活用方法を参考に、LINEの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する