1. コミュニケーションが苦手な人が面接で心がけるべきこと

コミュニケーションが苦手な人が面接で心がけるべきこと

by Ed Yourdon
 コミュニケーションが苦手な人は、転職の面接を苦にしているのではないでしょうか。いくつかの工夫をすることで、コミュニケーションが苦手な人でも面接でうまく話すことができるのではないでしょうか。ここでは、コミュニケーションが苦手な人が面接で心がけるべきことを紹介したいと思います。 

相手の話をきちんと聞く

 面接では、相手の質問をきちんと聞くことが大切です。 コミュニケーションが苦手な人は相手の言葉をきちんと聞くことができていない場合があります。質問をきちんと聞く事が出来たのであれば、それに対する返答も自然に出てきます。 面接は採用担当者との対話ということを意識して、まずは相手の話をきちんと聞くところから始めてみましょう。  

大きな声で話す

 大きな声で話すことで、相手に明確に意思が伝わるようになります。コミュニケーションが苦手な場合、話すときに言葉を濁してしまいがちですが、そうすると、かえって相手は話を訝しがります。しっかりと話すことで、こちらもコミュニケーションをとる姿勢があるということを示すようにしましょう。


 ここでは、コミュニケーションが苦手な人が面接で心がけるべきことを紹介しました。まずは、話をよく聞き、大きな声で話すことで、少しずつでもコミュニケーションへの苦手は消えていくのではないでしょうか。コミュニケーションが苦手な人はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する