1. 転職者が「自己分析」を行う必要性と得られるメリット

転職者が「自己分析」を行う必要性と得られるメリット

 今の会社を辞めて、もっと給料のいい職場に転職したい、キャリアアップしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。そういった時に、自身のことをより深く知っておいたほうが、転職では有利に働く場面が数多く存在します。ここでは、転職の際の自己分析に焦点を絞って、その必要性とメリットを紹介していきます。

長所と短所をはっきり言える人材が求められる

 自己分析をできる限り綿密に行えば、「自分のどこが強いのか?」をPRしやすくなります。また、面接でも自分にとって「何が弱点で、何が強みなのか」をはっきり言える人は良い人材として判断されやすくなるでしょう。転職の面接ではそれをよりビジネスに関連づけて話すことが重要です。

「どのような会社に向いているのか?」を判断しやすくなる

 自己分析をすることは、自分がどのような会社や業種に向いているのかということを見つめ直す機会にもなります。就きたい希望職種があっても、自己分析をした結果、あまり向いていないということが判明すれば、転職先を考え直す機会にもなります。また、考えていなかった職種でも、実は意外な可能性を発見できたり、何らかの興味を沸き立ってくることがあるかもしれません。

 以上のように、自己分析は転職を目指す人にとって必要不可欠なものであり、とても有効的なものだと言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する