1. 【イメージが大切】英語の前置詞を勉強する方法

【イメージが大切】英語の前置詞を勉強する方法

by woodleywonderworks
 英語の勉強の中で、大きな壁となるのが、前置詞です。どの前置詞を利用すれば良いのか迷ってしまう場合も少なくありません。ここでは、英語の前置詞の勉強方法を紹介したいと思います。

日本語のイメージを拭い去る

 日本語は前置詞が曖昧な言語です。例えば「の」ひとつで無数の意味があり、それを日本人は意識することなく利用しています。そのため、訳から前置詞を覚えようとしても日本語の訳と英語の本来の意味がずれてしまう場合があるといえるでしょう。まず、日本語で前置詞を考えるという意識を消すことが前置詞の学習において重要なことだと言えます。

基本のイメージを植えつける

 英語の前置詞を勉強するには、イメージで覚えるのが最適です。例えば、「in」だと「~の中」や「内部」などのイメージになります。一つの風船を想像してください。そしてその風船の中に小さなぬいぐるみが入っているとします。そのぬいぐるみ、つまり風船の中のものは「in」のイメージです。そして、「on」に関しては、その風船の表面にガムがくっついてしまったとします。そのガムは風船上にある、つまり「on」になるのです。まずは参考書などで前置詞の意味を暗記せずに勉強しながら、基本的なイメージ像を自分で作ってください。絵を書いてみて、具体的なイメージにするのがいいでしょう。

前置詞を意識しながら読み書きを行う

 前置詞のイメージが出来上がったら、実際に英語の文章を読んだり書いたりしてみましょう。その際に自分の前置詞のイメージを思い浮かべながら読んだり書いたりしてみてください。自分のイメージがその英文での前置詞の使われ方に沿うのであれば、そのイメージを自分の中で維持してください。もし違うようでしたら、イメージをし直したり、参考書に戻って復習をして、また新たなイメージを作ってみてください。こうすることでより強固にイメージを自分の中に作ることができ、前置詞をマスターすることができます。


 ここでは、英語の前置詞の勉強方法を紹介しました。前置詞は日本語で考えると、意味がわからなくなってしまいがちです。絵やイメージでしっかりと意識しながら勉強を進めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する