1. 企業のWebディレクターに求められる基本的な役割「6つの項目」

企業のWebディレクターに求められる基本的な役割「6つの項目」

 Web制作をするにあたり「Webディレクター」の役割は企業によって様々です。サイト制作の企画・提案はもちろんですがサイト公開後のSEO対策や、ECサイトであれば売り上げの収支管理まで行う場合もあるかもしれません。とても定義のしずらい職業かもしれませんが、今回は「一般的なディレクション業務」に焦点を当てて「Webディレクター」の基本的な役割についてご紹介します。

1. Webサイト内容の企画・提案

 クライアントへ訪問しどんなホームページにしたいかヒアリングをします。サイト全体のイメージやコンテンツ内容・希望の仕様などを確認し、クライアントに希望に合ったデザインやシステムの提案をします。その際に、公開日予定や今後の作業スケジュール等の確認も必要です。

2. サイトマップ・デザインラフ・ワイヤーフレームの作成

 ヒアリングの内容をもとに、サイトマップ・デザインラフ・ワイヤーフレームを作成します。サイトマップで内容をきちんと整理しておくと後の作業がスムーズに進むでしょう。また、ワイヤーフレームをきっちり組んでおく事で、コーダーがコーディングを進めやすくなります。

3. ページのコンテンツ内容の企画

 ページ内にどういったコンテンツを掲載するか企画をします。その際に導入が必要なシステム等があれば、早めにシステムの担当者やプログラマーに伝えなければなりません。

4. ページ内文章のライティング、もしくはライターへ依頼

 ページ内の文章は、ディレクター本人が担当する場合もあれば、ライターに依頼する場合もあるでしょう。コーディングの進捗状況とバランスをとりながら作業を進めます。

5. ページ内のコーディング、もしくはコーダーへの依頼

 「4」と同様にこちらもディレクター本人が行う場合と、コーダーへ依頼する場合が考えられます。サイトに何か特別なシステムを導入する場合は、システム担当者との連携も非常に重要です。

6. SEO対策

 公開したサイト内のチェックやキーワードの挿入サイト登録などを行い、早い段階で検索の上位に上がるようなSEO対策も必要です。クライアントへのアクセス解析の報告も必要な場合もあります。

 
 以上の6項目が一般的なディレクションの業務内容です。「Webディレクター」は会社によって業務内容が様々で、定義が難しいと冒頭でも書きましたが、どんな立場のWebディレクターにも共通していることは、ゴールや目標に到達するための手段を考えて設計することでしょう。常に先の作業を考え、いかにスムーズに作業を進める準備や手配を綿密に考えられるかということが重要になってくるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する