1. 企業がソーシャルメディアを活用するときに発生するリスクとその対処法

企業がソーシャルメディアを活用するときに発生するリスクとその対処法

 ソーシャルメディアの登場によって、様々な企業が多くの人たちに向けて情報発信をしています。しかし、その便利なツールは時に大きなリスクとなることもあるのです。そのリスクの存在とその対処を考えていかないと、企業は大きな損害を被ってしまいます。今回は、そのリスクの種類と対処法を紹介していきましょう。

情報漏えいの危険性

 まず、情報漏えいのリスクがあります。公開されているソーシャルメディアに何らかの形で一度情報が流出してしまうと、あっという間に多くの人に情報が公開、拡散されてしまうので、情報の内容次第では会社に大きな損失を出してしまうことになります。また、社内のSNSであっても、ウイルスによって情報が流出してしまえば、同様のことが起こってしまいます。

 この対処には、事前に情報をどのように取り扱うかを決めて、重要なものについては社外に持ち出さないなどの徹底的な管理が必要が挙げられます。また、情報の管理のためには社員にも情報管理の意識を徹底させることが、このリスクの回避方法です。具体的事例の検討や、定期的な意識管理のセミナーなどを開いて厳重な管理体制を用意しておきましょう。

炎上の危険性

 ソーシャルメディア上での発言は、過激な内容でなくても、思った以上の反響を呼ぶことがあります。悪意のない発言であっても、世間がどう捉えるかはわからないのです。そうなると、その対応に企業は追われることになり、企業自身の信頼の低下が速く、多くの人に対して起こるので、大きなリスクになります。

 対処法として、社内の普段からの発言に細心の注意を払うことを挙げられます。企業のアカウントで発言する際には数人で確認し合う、発言する前にチェックをするなどの対処法をおすすめします。

 無難な発言ばかりでは、たしかに顧客を誘導するのは難しいかもしれません。しかし、リスクは常に付いてくるものと考え、管理をしっかり行うことを心がけておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する