1. ビジネスシーンで第一印象を良くする英語を使った自己紹介のコツ

ビジネスシーンで第一印象を良くする英語を使った自己紹介のコツ

 ビジネスにおいて、外国の人と接する機会もあると思います。そのようなとき、相手が外人ということで満足に自己紹介もできない人も多いのではないでしょうか。日本人は恥ずかしがり屋であるという民族性もありますが、それでは相手は不信感を抱くだけです。ビジネスである以上好感を持たれるように自己紹介をすることも大切でしょう。

 いろいろと注意する点はありますが、欧米では眼と眼を合わせるアイコンタクトが挨拶の常識です。これは日本でも同じことですが欧米では顕著だと言えるでしょう。相手の眼をしっかり見てにこやかに挨拶すると好印象を与えることができます。しっかりとした自己紹介で第一印象を良くするようにしたいものです。

【1】礼儀正しく雑談も交える

 では具体的にどう挨拶をするかですが、笑顔で握手は欧米では当たり前のことです。もちろん英語を話す時は自信を持って話します。その為には英語を勉強することも大切ですが、自分の英語に自信がなくても堂々と話をするということを忘れてはいけません。

 そして礼儀正しくするのです。初対面の人に自己紹介をされたとき、多くの西洋文化では握手を交わします。握手の際には、あまりきつく握らずしっかりと握手して、"It's nice to meet you."や"Pleased to meet you."、"How do you do?"と言います。しっかりと自信を持って笑顔で言うようにしましょう。そうすれば第一印象はかなりアップします。

 その上でちょっとした雑談も必要です。気まずい沈黙が生じることは禁物です。ビジネス上での関係ならば、簡単に"So how's business?"と尋ねるのもOKで
す。相手の返答を注意して聞き自分の意見を述べ、更に質問を続けます。

【2】相手を褒めて今後の関係を築く

 その人を知っていく上で心から褒めるようにしてみましょう。社交的な場で新しく知った友人のルックスについてほめたい場合には、"I just love your earrings! They look good on you."と言うことも出来ます。ほめ言葉はいつでも人を良い気分にさせますし、言われた相手の方もあなたの好意や心遣いに対して良い印象を持つことできるのです。

 そして会話が終わってしまう前に、今後も関係を続けていきたい意思を示す必要があります。ビジネス的状況下では、 "Can I give you one of my cards?"と尋ねることも出来ます。社交的な場なら"Would you like to have dinner with us tomorrow?"などと相手を招待することも可能でしょう。相手の人と過ごした時間が楽しかったと分かってもらい、今後も関係を続けていきたいことが相手に伝わるように英語で話すのです。

 初対面の外国人相手だと緊張してしまいがちですが、そんなときこそ堂々とした態度が必要です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する