1. 英語のリスニングスキルを習得するために今から実践してほしい2つのステップ

英語のリスニングスキルを習得するために今から実践してほしい2つのステップ

 英語のリスニング力を身につけたいと思ったら、まずは英語に対応した脳の回路を作り上げそこから学ぶという過程が必要です。ここでは順を追ってリスニングの習得方法について説明します。

1. 英語を聞き流す

 英語のリスニングを強化する方法はいくつもあります。その中でも最も脳の回路を作る上で効果があるのが英語を聞き流すという方法です。聞き流す方法は非常に簡単で、まずは英語の音声教材を選びます。教材の選び方は自由です。例えば英語の教材に付属しているCDや、インターネットからダウンロードしてiPodに落としたもの、物語の朗読CDや、ニュース、英語のラジオなどがあります。自分が継続できると思ったものを選ぶようにしてください。

 次にその音源をひたすら聞き流します。朝起きてから家を出るまでの間や通勤中の電車の中、お昼ご飯の最中、仕事の移動中などの空き時間に聞くようにしましょう。まずは英語に触れている時間を増やすことが大切になります。聞いている最中に分からない単語が出てきた場合に辞書を引く必要は特にありません。この聞き流し法は、英語のリスニングに対応できるような回路を脳の中に作るプロセスのためだからです。新しい言語を次々と吸収していけるように、まずは耳から英語になれるということが必要です。

2. 英文の語順に慣れる

 英語の聞き流しができるようになれば、次に必要なのが意味の理解になります。意味を素早く理解するためには、英単語を沢山覚えるという手もありますが、それよりも英文の語順に慣れることが大切です。 そうすることで英文の意味を語順通りに理解できるようになります。学生時代は英文を日本語に訳すという勉強方法をしてきたと思います。しかしリスニングを上達させるためには、一々頭の中で日本語を想像するのではなく英語を聞けば直接内容がイメージできるような想像力をつけなければなりません。リスニングは決して英語をひたすら聞くことだけということではありません。自分の言いたい事を英文でどのように表現できるかを考えるという過程も大切になるのです。

 英文を空いている時間に聞き流し、その中で英語の語順に慣れるということが、リスニングスキルの向上のためだけでなくコミュニケーションをとるためにも効果的です。ぜひ上記にあることを参考にして頑張ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する