1. 日常生活やビジネスで活用できる英語で挨拶をするときに覚えておきたい表現

日常生活やビジネスで活用できる英語で挨拶をするときに覚えておきたい表現

 日常生活やビジネスシーンにおいて英会話が必要になってくることが増えてきています。今回は、最初の挨拶で使える英語の表現をご紹介します。

日常で挨拶する場合

 日本語でも、人に会ったら挨拶から入ると思います。まずはそんな時に使える英語表現をご紹介します。 "Hello. How are you?"というのは多くの人が知っているかもしれませんが、「こんにちは、ご機嫌いかがですか」という意味になります。その他相手に「元気?」と聞く時の表現としては、 "What's up?""How you doing?""How's it going?"などがあります。少しくだけた言い方になるので、身近な人に使うようにしましょう。

ビジネスシーンで挨拶する場合

 ここではビジネスの現場で使える英語の挨拶表現をご紹介します。まず自分から紹介する場合には "I'm ○○. Pleased to meet you."のような言い方が一般的です。"Pleased to meet you"は「どうぞよろしくお願いします」という意味で日常でも使えるので、ぜひ覚えておきましょう。

 次にお客様が来たときの簡単な挨拶です。 "Thank you very much for taking your time to come over."は「わざわざお越しくださり、誠にありがとうございます」という意味になります。そのため遠方からお客様がお越しになった時に使ってみてください。

 名刺を渡す時に使える挨拶の表現もあります。こちらから名刺をもし渡す場合には "Let me give you my business card."と言うようにしましょう。名刺を切らしている場合には "I'm sorry, but I ran out of my business cards."という表現も使えます。

 日常生活でもビジネスシーンでも、コミュニケーションの最初は挨拶から始まるもの。相手や場面に合わせていろいろな挨拶ができるようにしておくといいと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する