1. 面接の自己PRで複数の項目をアピールしたいときに気をつけたいこと

面接の自己PRで複数の項目をアピールしたいときに気をつけたいこと

by Norio.NAKAYAMA
 転職の面接で行う自己PRでは、自分のアピールポイントを中心にして話を展開すると思いますが、自分のアピールポイントが複数項目あるときは、なかなか簡潔にまとまりにくいのではないでしょうか。ここでは、面接の際に自己PRで複数項目アピールしたいときに気をつけることを紹介します。

話を簡潔にまとめる

 複数項目のことを話そうと思うと、どうしても、話の長さも伸び、時間がかかってしまいます。冗長な自己PRは聞いている側も苦痛に感じるでしょう。一個の項目を話すときよりももっと話を簡潔にまとめるよう意識することが必要となります。そのためには、先に話す内容を決め、文章をある程度決めておく方がいいのではないでしょうか。

同じ内容にならないようにする

 複数の内容になっていると自分では思っていても、相手からすると、同じことを2回繰り返していると思われるパターンがあります。まず、内容を整理することで、そのアピールで、自分の言いたいことは何なのかをよく考えてみる必要があるでしょう。もし、結論が一緒であるなら、その項目はひとつにまとめてしまったほうが、話がまとまり、かえってアピールポイントは伝わりやすくなるのではないでしょうか。


 ここでは、面接の自己PRで複数の項目アピールしたいときに気をつけることを紹介しました。面接の自己PRで大切なのは、簡潔に話を短くまとめることではないでしょうか。そのためにも、複数ある場合は、特に意識して話をまとめる工夫をしてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する