1. これからTwitterを有効活用したいと思った企業が意識しておくべきこと

これからTwitterを有効活用したいと思った企業が意識しておくべきこと

 企業としては、即座に多くの人たちに情報を拡散することができるTwitterを利用することは、自社を多くの顧客にPRするためにも非常に便利なツールです。そこで、企業がTwitterを有効活用をするためにはどのようなことが必要なのかを書いていきたいと思います。

Twitterを利用するための目的を設定する

 まず、Twitterを企業が利用するためにはどのような方法で利用するのかを設定することが必要になります。何かを利用・実行するためには、まず何においても目的の設定が必要です。

 その次に、Twitterの利用方法を社員たちに共有しましょう。広報担当だけではなく、Twitterを活用していることとその目的を社内全体が把握することによって連携が生まれるのです。ソーシャルメディアの活用は全員が少しずつ参戦することによって大きな効果を期待できるので、それを統括する役割として担当者を設置するのはアリですが、その人だけに任せてしまうのは勿体ないと思います。

最初から派手に使いすぎない

 最初の段階では、報告や簡単なPRに限ったほうがよいかもしれません。Twitterは全員が即時に情報を共有することができますが、長文を書くには不向きです。ある程度自社の公式アカウントが認知され始めてきたら少し工夫を加えたツイートをする、といった手順を踏むのがよいと思います。

 Twitter活用は簡単にでき、時間もコストもほとんどかからないので是非試してみてください。少しずつでも効果は現れると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する