1. プログラミングの勉強の初歩として最初にとりかかりたいおすすめの内容

プログラミングの勉強の初歩として最初にとりかかりたいおすすめの内容

by Travis Isaacs
 プログラミングを学ぼうと思ったときに困ることとして、まず何から手を付ければよいのかがわからないということがあると思います。プログラミングを学ぶ時は、効率の良い順序があります。ここでは、プログラミングを勉強する時に最初に覚えたいものを紹介したいと思います。

まずHTMLとCSSを覚えよう

 プログラミングの前に、まず、Webページを作れるようになるのが良いでしょう。HTMLとCSSはWebページを作るために必要なものになります。遠回りに感じるかもしれませんが、まずは、Webページを作るためにHTMLを勉強して、その後CSSでHTMLで作ったWebページをを装飾できるようにしましょう。早ければ、すぐに覚えることが可能で、簡単なWebページを作成することができるスキルを身につけることができます。

Webページを作れるようになったらJavaScript

 Webページを作ることが出来るようになったら、JavaScriptを勉強しましょう。HTMLとCSSで作ったページは、基本的に動きが少ないですが、JavaScriptでは、アニメーションを作りページに動的な要素を持ち込むことができるようになります。時計を表示したり、フォームに値を入力したり、簡単なゲームを作ったりとできることの幅がかなり広がります。変数や関数といったプログラミングに必要な概念を、Webページをカスタマイズしながら学ぶことができますので、モチベーションやに繋がります。


 ここでは、プログラミングで最初に勉強したいおすすめの勉強内容を紹介しました。HTMLとJavaScriptをある程度マスターしたら、他の言語に挑戦してみましょう。基礎をしっかり押さえて、本格的なプログラミングが理解できるようになるとプログラミングの幅が広がるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する