1. IT業界で働くビジネスマンが覚えておきたいビジネスシーンで役立つ資格

IT業界で働くビジネスマンが覚えておきたいビジネスシーンで役立つ資格

 資格を持つことで、企業に入社しやすかったりキャリアアップにつながる場合があります。さらに、資格を有するメリットとして相手に自分の能力を分かりやすく表現できるということがあります。

 ところで、ビジネススキルとして認められる資格には一体どのような資格があるのでしょうか。ここでは主にIT業界で役立つビジネスに役立つ資格について紹介していきます。

IT業界に有利な資格

 IT業界における有名な資格には「基本情報技術者」があります。この仕事は、毎年受験者数が非常に多い資格で、IT業界で働くのであれば持っておきたい基本的な資格の一つです。

 また、「基本情報技術者」以外にITの仕事に有利な資格は、国家資格では「応用情報技術者」「情報セキュリティスペシャリスト」「ITパスポート」「ネットワークスペシャリスト」「プロジェクトマネージャ」「データベーススペシャリスト」などがあります。一方民間資格では「情報処理検定」「パソコン検定」「Linux技術者認定試験」「日照PC検定」「CAD利用技術者試験」「CGクリエイター検定」などが挙げられます。

具体的な資格内容

 「応用情報技術者」の具体的な内容は、ITエンジニアとして応用的な知識や技能を有することができる試験です。この資格では、データベースやソフトウェア開発、NW,プロジェクトマネジメント、マーケティングなど、幅広い知識を獲得することができます。

 また、「ITパスポート」は有名な試験として聞いたことがある方も多いことでしょう。ITパスポートでは、ITの知識に加えて経営や総務などの業務知識も学ぶことのできる資格です。似たような資格に「基本情報技術者」がありますが、ITパスポートの方が基礎的な内容が出題されるため、基本情報技術者はハードルが高いという人でも受けやすい資格になっています。

 時には、ITの仕事をするにあたって必ず取得しなければならないという職種もあります。もちろん、無資格でも経験や独学にてそれなりの仕事を任せられるようなケースもあります。しかし、何か資格を取得しておくことで就職に有利に働く面もあり、ITの仕事をしたくても具体的に何がしたいか分からない場合にはこのような資格を取る過程で、自分がやりたい仕事が見つかる可能性も出てくることもあります。IT業界に勤めるためやビジネススキルやその方向性を具体化するためにも、資格の取得は有効に働きます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する