1. 起業後、外部から融資を受けるタイミングはいつがベストなのか?

起業後、外部から融資を受けるタイミングはいつがベストなのか?

 起業するために外部からの融資を利用する人はたくさんいます。外部からの融資は、事業が軌道に乗るまでの大切な運転資金となります。それでは、起業をしてから外部から融資を受ける際のタイミングはいつが良いのでしょうか。

 ここでは、外部から融資を受けるベストな時期についてお話していきたいと思います。

外部から融資を受けるタイミングは、起業時が一番成功しやすい!

 融資を受けるのには審査が必要です。その審査に通らなければ融資は受けられません。実は、『外部から融資を受けるタイミングは起業時がベスト』なのです。なぜかというと、起業時は売上実績というのがまだないからです。

 例えば、起業時に融資の申請をせずに、起業後売り上げが安定するまでの間に資金繰りが苦しくなって融資を申請したとします。すると、それまでの売上をもとに審査されてしまうのです。しかしその時点で事業はまだ軌道に乗っていないわけですから、売り上げも赤字の場合が多くあります。ところが、赤字の企業に融資はなかなかしてもらえないというのが現実です。

 しかし、起業時であれば売上実績はまだありませんので、融資をしてもらいやすいのです。それに加え、多くの人が融資を、起業してから売り上げが安定していくまでの期間の事業運転資金として使用することを目的としています。そのため、『外部から融資を受けるタイミングは起業時がベスト』なのです。

さらに細かいタイミングは、個人なら起業前・法人なら起業後がベスト

 さらに細かいタイミングを見ていくと、『個人であれば起業前・法人であれば起業後から営業開始前の間がベスト』なのです。その理由は、個人事業主の場合は起業前に融資を受けられますが、法人の場合は起業(会社設立)後でなければ融資は受けられないことになっているからです。そのため、法人であれば会社を設立してから実際に営業を開始するまでの間に融資を受ける手続きをすることになります。

 このため、融資を受けるタイミングは、『個人であれば起業前・法人であれば起業後から営業開始前の間がベスト』なのです。

まとめ

 融資を受けるタイミングは、起業後その事業が成功するかどうかにも関わってきます。融資をする側も、「これから起業をしたいのでお金を貸してください」
 と言われるのと、「起業をしたのですがお金が足りなくなってしまったのでお金を貸してください」 と言われた場合とでは、お金を貸してくれる確率が高いのは圧倒的に前者です。融資を受けるということ自体、審査があるため、全ての人が融資を受けられるということではありません。その中で、より融資を受けやすいタイミングを狙っていくことも起業する上での策略のひとつなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する