1. ビジネスマンが英語を勉強する時に参考にしておきたい英語の語彙

ビジネスマンが英語を勉強する時に参考にしておきたい英語の語彙

 新聞やニュースでの経済面では、「金融」や「資金」など、普段の会話の中で私たちがあまり使わない内容の語彙が沢山使われていますよね。ビジネス英語とは、一般の語彙の中でも世界のビジネスシーンでよく使われる語彙になります。

 ビジネスシーンでは、私たちの普段の会話の中での語彙と共に、ビジネスの語彙も混じったコミュニケーション能力が必要になります。英語が必要なビジネスマンにとって、ビジネス語彙を習得することはキャリアアップにも大いにつながることでしょう。ビジネスマンに必要とされる英語の語彙習得には、TOEIC語彙と共に自分自身の分野の語彙の習得まですることが鍵です。

TOEICで出題される語彙

 TOEICで出題される語彙は、私たちにとって身近な内容だけでなく、ビジネスの分野までも幅広い語彙となっています。TOEICでは個人の英語の能力を公平に測ることができるので、日本のビジネス界ではTOEICを重要視し、定期的に社員にテストを受けさせている会社も少なくありません。

 TOEICでは沢山の一般的なビジネス語彙が出題されるため、そのための語彙を習得することはビジネスで英語を使う人にとっては基礎になります。一般的な語彙の習得にもなるので、相手とうまくコミュニケーションをとる上でも大変役に立つでしょう。TOEIC語彙の参考書は、本だけでなくウェブやアプリでも充実しているので、自分に合った勉強法は簡単に見つけられるでしょう。

自分の専門分野の語彙

 先に触れたTOEIC語彙を習得することだけでは、ビジネスシーンにおいても一般的な基礎語彙しか習得できません。そこでさらに必要となってくるのが、自分の専門分野の語彙です。例えば自分が車関係の仕事をしているとして、取引先と英語でやり取りする場合は、一般的なビジネス英語だけでなく車の分野の語彙も駆使することになると思います。医療関係であれば、ビジネス上では医療の専門用語が多く飛び交うことでしょう。

 仕事上で自分や相手(取引先など)がどんな単語をよく使うかなどを考え、それらの語彙も習得しておくとスムーズにコミュニケーションがとれるようになります。

 このように、ビジネスシーンでの英語は一般的な語彙だけでなく、ビジネス分野の語彙の習得までもが肝心になります。TOEICの語彙を覚え自分の専門分野の語彙を習得することで、相手との意思疎通はさらに円滑かつ気持ちの良いものになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する