1. 録音して確認することで自分の英語の発音を矯正する方法

録音して確認することで自分の英語の発音を矯正する方法

by Hamed Saber
 日本人は英語の発音が苦手であると言われています。発音できる英語の単語量が少ないことが理由としてあげられるでしょう。英語力全体を向上させるためには、正しく発音できる英語の単語量を増やすことが必要になります。ここでは、録音を行うことで正しい英語の発音を身につけることができる方法を紹介したいと思います。

英文を用意して何度か聞く

 まず、英文とその英文を読み上げているデータを用意しましょう。そして音声データを何度か聞いて、どのような発音をしているのかをだいたいのフィーリングで捉えるようにします。音声の後を追って文章を読み上げる、シャドーイングという学習法をやるのも効果的です。

録音して音声データと比較

 何度か聞いて要領を掴んだら、録音し、英文を自分で読んでみましょう。そして、録音した音声と音声データの発音を聴き比べてみます。録音したものとデータで発音が異なっている単語・フレーズを挙げ、きちんと発音ができるように練習しましょう。

正しく発音できない場合は動画で確認

 最近では、動画で発音を教えてくれるものも増えてきました。発音をどうすればネイティブに近づくのかわからないときは、動画で発音方法を確認するといいでしょう。


 ここでは、録音ツールを使って、英語の発音を練習する方法を紹介しました。録音することで自分の発音を見直し、正しい発音へ矯正することができます。ここで紹介した方法で、正しい発音を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する