1. 【企業のFacebookの使い方】これだけは押さえておきたい基本的なこと

【企業のFacebookの使い方】これだけは押さえておきたい基本的なこと

by Rodrigo_Soldon
 現在、Facebookを利用している企業の方は多くいるかと思います。Facebookを利用すれば、活動資金の少ない会社であっても、広告などの宣伝費用をほとんど要せずに、一般の広告方法よりも情報伝達が早く、多くの人たちに宣伝ができる可能性があるからです。

 そこで今回は、Facebookを利用して会社の宣伝をする方法について、基本的なことを紹介していきたいと思います。

自身のページの作成、公開に関して

 まずは、自身のFacebookのページを作成するためのアカウントを作成してください。企業向けのアカウントはビジネスアカウントで作れますので、そちらを使用してください。 

 アカウントの作成が終わったら、ファンページの作成をしましょう。ファンページは企業の情報が、端的に、アクセスした人から見てわかりやすく書かれているものですから、利用者数を増やすためにも導入をしてみてください。作成自体は簡単に済ませれば、数分ほどでできます。 

 なお、作成の時に注意してほしいのは画像のサイズです。Facebookページの表紙にはカバー写真という、横850×縦315のサイズの大きな画像を貼れる部分があるのですが、ここに企業の広告や電話番号やホームページアドレスなどを入れる行為はFacebookの規約違反ですので注意してください。作成ができたら、自身のページの存在を地道に認知させることから始めましょう。

商品、サービスのPR・広告について

 自社のページのPRをしたら、ユーザーが離れないよう、投稿を欠かさず、商品のPRをしていきましょう。ここで、注意してほしいのは投稿を商品のPRばかりにしないことです。

 Facebookを利用する多くのユーザーの目的は、友達との交流関係を気づきあげることや、何かしらの情報を入手することが主な目的であるため、企業のPRを続けていてもユーザーが欲しがるニーズとはミスマッチになってしまう可能性が高いのです。 

 宣伝や広告ばかりの企業のFacebookページは、多くのユーザーにとっては不必要なものになってしまうので注意して宣伝活動を行ってください。できる限り、ユーザーが友達と付き合うのと同様に、何らかの形でユーザーと楽しめるような交流ができるページ作成を目指しましょう。

 以上のようにFacebookの規約や、ユーザーの心理を掴んだ上で、自社の商品の宣伝やPRをうまく利用していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する