1. 企業が実際に行っているリスクを軽減させるリスク管理の手法

企業が実際に行っているリスクを軽減させるリスク管理の手法

 企業が業務を遂行する上で、常に経営におけるリスクが問題になるのは当然のことであります。そして、そのリスクをできる限り少なくしておきたいのも企業としては当然に考えることであり、それを上層部の人たちだけでなく社員にまで徹底させる秘庁があることも言うまでもありません。ここでは、企業がそのリスクの管理を行う一般的な手法を紹介していきます。

内部的リスク管理方法

 まず企業の内部的なリスク管理の方法として、社内での仕事の手法の管理とコンプライアンスの構築が挙げられます。仕事の手法の管理としては、何らかの問題が発生した時には、即座に連絡を取って対処ができるようなことがまず大切です。問題が起きた時にそれに対して早く対処することによって、リスクを最小限に減らすことができます。

 そしてそれを実践し効率良くするために、社内で行動マニュアルを作成して教育・管理をすることが大切です。あらかじめ手法を知っておけば行動に移しやすくなるので、問題発生時における時間的コストを減らすことができ、リスク軽減にも繋がります。また、社内で決められた規則などを守らせるためにも、上層部の人間がコンプライアンスの構築をしっかりさせることが重要です。そうすることによって法令遵守の手順や精神を社員にまで浸透させて、法令違反のリスクなどを軽減することが出来るようになるからです。

外部的リスク管理方法

 次に、会社の外部からリスク管理をしてもらう方法が考えられます。会社の外部から法律や経営の専門家を呼びセミナーなどを開けば、社内にはない知識やノウハウを学ぶこともできます。あらかじめリスクに対処できるような人材を育成して、全社内の人間にリスク管理の精神を意識させることが大切です。また、セミナーの開催によって、社内の人材のスキルアップもできるようになりますから、判断能力などの向上によるリスク回避や収益の向上も見込めます。

 また、社外の人間を取締役や監査役として雇うことで外部の人間を監視役に据えることも、リスク管理の1つになります。会社の内部の人間だけではどうしても甘い判断が起こってしまうような弊害を避けるために、外部からつながりの薄い第三者を連れてきて、経営状況などの管理を厳しくできるような管理体制をとることで、社内の腐敗による不祥事などのリスクを軽減することも考えられます。

 以上のような方法が企業が一般的に利用されているリスク管理の方法です。少しでもリスクを軽減できるような方策を考え、実行して欲しいと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する