1. 組織で仕事をするのが苦手な人が気をつけるべきこと

組織で仕事をするのが苦手な人が気をつけるべきこと

by Grand Parc - Bordeaux, France
 会社で仕事をするとき、多くの場合はチームでプロジェクトを組んで仕事をすることが多いと思いますが、苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。ここでは、組織で仕事をする人が苦手な人が見直すべきことを紹介したいと思います。

完璧主義者にならない

 完璧主義者の人は組織で働くことを嫌うイメージがあります。仕事を行っていれば多少のミスは出てくることもあるでしょう。完璧主義で仕事を進めてしまうとチームでミスが生じることを嫌いがちです。一人で行う仕事量と、チームで行う仕事量を考えてみましょう。チームでやることで成果も大きくなり、ミスも増えます。自分一人で進めたほうが上手く行くと思わずに、他人と協力しながら仕事を進めることの効率性をよく理解したほうがいいでしょう。

仕事以外で1人の時間を作る

 もともとコミュニケーションが苦手なので、チームで仕事をしたくないという人は、オンとオフの切替をうまく出来るようになる必要があります。一人でいる方が好きだという人は多くいますが、仕事では、スイッチを切り替えて、周りと協力し仕事を進めています。仕事以外でうまくバランスを取るようにして1人でいる時間を作り、仕事との切り替えをうまくしましょう。

 スイッチを入れ替えるという意味でも、1人でなにか没頭できるような時間を仕事以外に作るといいでしょう。趣味が広がり、新たな自分の発見にも繋がるかもしれません。


 ここでは、組織で仕事をするのが苦手な人が見直しておくべきことを紹介しました。仕事は基本的にチームでするものであるという事を理解し、自分の中でコントロールしながら仕事を進めていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する