1. 「上司が覚えておきたい」チームのマネジメントに必要とされるコミュニケーション方法

「上司が覚えておきたい」チームのマネジメントに必要とされるコミュニケーション方法

by rukaruka777
 仕事を行っていれば、チームでの活動は避けられません。営業であれば課長を筆頭として、工場等の製造業やエンジニアの場合は工場長やリーダーを中心として数人の部下を率いて仕事を行います。上司はチームが常に100%の力を発揮するためにマネジメントを行わないといけません。

 しかし、どのようなマネジメントを取れば良いのか、コミュニケーションはどのように取れば良いのか迷う場面があるのではないでしょうか?今回はその際のコミュニケーション方法を紹介していきます。

新人や入社して間もない方とのコミュニケーション

 上司の人がコミュニケーションで一番迷うのが新人や入社して間もない人とのコミュニケーションです。自分の時のようなコミュニケーションが通じると思って行うが、反対に避けられてしまったり、かといって放っておくと悩みだしてしまいます。

 そこでお勧めの方法が短時間のコミュニケーションです。1時間を使用するので無く、15分ぐらい他愛もない話など仕事関係ない話をしましょう。また週の終わりの金曜日には終業した後、5分から10分ほど時間を取って成果報告と一緒に会話をすることも必要です。

 ここで注意点が、こちらから一方的に聞かないことです。悩み事は何か無いかと言われても新人は歳の離れた人にそう易々とは話したりはしません。そこで先にも述べたように仕事と関係ない話をして場を和ませて、新人から話すような雰囲気を作ることが重要です。

 新人のマネジメントのためにコミュニケーションを取るのは最初は難しいと思いますが、諦めずに行っていくようにしましょう。

歳が上の部下をマネジメントする場合

 次に困ってくるのが歳が上の部下です。歳が上の部下の場合こちらから強く言う、もしくは成績が悪いからと叱った所で右に入った言葉が左に流れて行くようにほぼ無意味です。

 そのため、まずはその部下が納得して話を聞くような関係をつくりましょう。そこで重要なのが歳が離れた部下を褒めることです。そうすると部下も、この人はこんな私を大切にしているんだなと思い始め、思いもよらない成果を挙げる場合があります。

 ただし注意点として、怒る時はきつく叱るのは避けましょう。先にも述べたように耳から抜ける場合や、時には反発される可能性もあり、チームの雰囲気が険悪になってしまうかもしれません。

 最後に、チームのマネジメントは上司にとって重要な課題の1つです。そのため、どのような部下に対しても分け隔てなくコミュニケーションを取る必要が出てきます。こういった事を意識しつつ部下をマネジメントしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する