1. 女性起業家たちの背中を後押しする2つの起業支援制度

女性起業家たちの背中を後押しする2つの起業支援制度

 ここ最近では、男性だけでなく女性の起業者が増加傾向にあります。経済活性化のために女性の労働力が必要不可欠になっていることから、政府・自治体をはじめ、民間企業や団体による女性の就労環境整備や女性管理職比率の引き上げを目指すと同時に、女性の起業家支援の仕組みが着々と進んでいます。

 ここで言う女性とは学生、主婦、就業者、子育て中の方、あるいは子育てが終わった方等を対象としています。女性の方でいずれは起業を考えている人はインターネットなどを利用して常に情報を収集することが大切です。

ちふれ 女性起業家支援制度

 最近民間企業でも、女性起業家支援制度の取り組み活動が増えてきました。株式会社ちふれ化粧品という企業ですが、起業を目指す女性を支援する取り組み「ちふれ 女性起業家支援制度」を導入することを宣言しました。

 この制度は、日本国内で起業を目指している、もしくは日本国内ですでに起業していて積極的に事業を拡大したいと考えている女性を対象に応募を募り、当社審査により承認された事業に対して、最高1,000万円を上限に、起業にあたっての費用的なサポートを行っていくものとしています。

 このような情報も知らなければそれまでなので、アンテナを常に立てておく必要があります。また、このような情報がすぐにキャッチできるような人脈作りも必要です。

女性起業支援ルーム

 こちらは埼玉県の女性起業支援活動です。ここは女性起業家を目指す人が加入する、会員制シェアオフィスです。このシェアオフィスの目的は、事業の発展や成長を目指す女性起業家が活動する新しいビジネス環境を提供し、身近なロールモデルとなるような女性起業家の成長を支援するものです。

 ここに会員登録をすることで、女性アドバイザーが会員の相談に乗ってくれます。また、事業の相談だけではなく創業と家事や育児との両立に関する悩みや将来設計に関する相談などにも親身に対応してくれます。さらに、利用者同士での交流もあります。定期的に交流イベントを開催するので、同じ夢や悩みを持つ方同士の情報交換やネットワーク構築の場として利用可能です。

 いまは起業家を支援する制度が数多くあるので、起業はしやすい環境になってきたと言えます。チャンスはたくさんあるので、そのようなチャンスを有効に使って挑戦してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する