1. 英語のリーディングスキルを本を読むことによって向上させる方法

英語のリーディングスキルを本を読むことによって向上させる方法

 英語のリーディングスキルを向上させるためには、とにかく多くの文章を読むことが大事です。特に普段から英文に触れていない人は、まず英語に触れて、英語に対する苦手意識を和らげることも大切です。しかし、ただがむしゃらに洋書を読めば英語リーディングスキルがつくというわけでもありません。

 日本語と同じように、英語の本でも評論・ノウハウ本・小説・雑誌など様々なジャンルの本があります。そして、どの分野の本を読み込むかによって身に付けられるリーディングスキルにも違いが出てきます。では、どの分野の洋書を読むとどんな英語リーディングスキルが鍛えられるのかを説明していきます。

ビジネスシーンなら専門書・ビジネス書

 例えば会社の中で、外国人によるマーケティングの企画やプレゼンテーションの資料を読むことになるとします。おそらくそこには、経済や企業に関しての専門的な単語が多く使われていると思います。このような英文に対応できるようになるには「専門書」や「ビジネス書」をたくさん読むことがポイントです。

 「ビジネス英語」という言葉があるくらいですから、仕事で用いられる英語には日常的なものより専門的な単語がはるかに多くなります。一般的な文章を読める人でも、いざビジネス文書に触れてみると意外と知らない専門的な単語が並んでいることが多いです。また会社によって扱う製品のジャンルにも違いがあるので、扱うジャンルに特化した専門の洋書も読んでおかなければいけません。

日常会話なら小説・雑誌

 外国人と個人的にメールのやりとりをする場合など、日常的なリーディング力を向上させるなら小説や雑誌を読むのがおすすめです。日常的な英文では、過去に授業として習ってきた英語に比べて、文法や単語が崩れている場合がほとんどです。学生時代に教わってきた文法をそのまま当てはめても、意味が理解できないことも多々出てきます。

 洋書の中でも小説や雑誌では口語調の言い回しが多く用いられるので、日常的なリーディング力を鍛えるのには最適な本です。英語も日本語と同じように、その時の流行語のようなものがありますが、そのトレンドもこまめに雑誌を読むことでだいたい把握することが出来ます。

自分に適した勉強スタイルで

 英語のリーディングスキルを伸ばすためにどんな本を読むのが一番かと考える前に、まず自分にはいまどの種類のリーディングスキルが必要なのかを考えることで、自分に合った本を探すことも効率的に行えます。

 本の分野によって記されている英文の形も大きく違ってくる場合があるので、何も考えずに本を選んでしまうと読み進められなくて挫折したり、いざ読みたい英文が目の前に現れた時に、読んだ本とまったく違うタイプの英文で結局すんなり読めなかったということにもなりかねません。どの分野の英文に強くなればいいかわからないという方でも、仕事で英語を使う可能性のあるなら、一般的なビジネス書を1冊は読んでおくといいかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する