1. 企業がTwitterで採用担当者のアカウントを作るメリット

企業がTwitterで採用担当者のアカウントを作るメリット

by keiyac
 最近では、企業が採用で用いるためのTwitterアカウントを作り、積極的に情報発信しています。ここでは、企業がTwitterに採用アカウントを作成し、情報発信するメリットを紹介します。

新卒の利用者が多くいる

 Twitterのメインユーザー層は10代から20代の若者と言われています。そのため、ターゲットとして、大学生などを新卒で採用したい企業にとって、多くの就職活動中の大学生に見てもらえるチャンスがあるというのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。

硬いイメージでなく情報発信ができる

 採用というと、硬いイメージがあり、真面目な印象を受けますが、ソーシャルメディアを利用し、ざっくばらんに話題をツイートしていくことで、敬遠されがちな真面目でつまらないという印象を避けることができ、新卒生に良い印象を与えることができるでしょう。

マッチングが上手く行きやすくなる

 現在多くの企業が抱える問題として、企業側が求めている人材と、就職者が求める会社の像がうまくマッチングせず、新卒希望者が退社してしまうことが挙げられます。Twitterで社風や職場の雰囲気などをつぶやくことで、働くイメージをより鮮明に持ってもらい、退職者が減ることが期待できるのではないでしょうか。

 
 ここでは、企業がtwitterで採用活動を行うメリットを紹介しました。Twitterを利用することで、多くの採用希望者に情報を届けることが出来るでしょう。ここで紹介したメリットを考慮して、Twitterアカウントを作ることを検討してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する