1. 企業がTwitterで顧客とコミュニケーションを取る時に気を付けたいこと

企業がTwitterで顧客とコミュニケーションを取る時に気を付けたいこと

by Spencer E Holtaway
 企業はSNSを利用し情報発信する事が可能になり、また情報を発信するだけでなくユーザーからの意見や質問、評価を受ける事ができ、消費者とコミュニケーションをとれるようになりました。ここでは、Twitterで企業が消費者とコミュニケーションを取る時に気を付けたいことを紹介したいと思います。

ツイートを通してコミュニケーションを取る

 企業の自社製品のツイートを行うと、様々なリプライがあるでしょう。その製品に対する評価や意見など、顧客の生の意見が得られます。改善点が上げられれば、その製品の見直しもはかれます。そしてtwitterではそういった意見や評価に対して個人を特定出来る為、個別の対応を取る事ができます。

意見を拾うときは、必ず了承を取る

 意見や改善点を実際の商品やサービスに活かそうと思った時、忘れてはいけないのが、意見をくれたユーザーに対して、了承を得るということです。了承を取らずに進めていくと、思わぬトラブルになる原因があります。しっかりと個別に対応する能力がある場合にコミュニケーションは効果を発揮すると言えるでしょう。

対応力が重要

 顧客との距離が近くなることで、企業の対応力も問われます。感想を送ったのに返事がないであったり、対応が悪かったということは、あっという間にソーシャルメディアに拡散され、評判を落としてしまう結果になりかねません。企業がTwitterを利用するときは、誠実な対応が顧客から求められているということを肝に銘じておきましょう。


 ここでは、企業がTwitterで顧客とコミュニケーションを取る時に気を付けたいことを紹介しました。Twitterでは、生の声が拾えるということがコミュニケーションの中で1番重要になるところです。誠心誠意対応することで、コミュニケーションも円滑に進みますので、是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する