1. フリーランスが抱える悩みと安定した収入を得るための方法

フリーランスが抱える悩みと安定した収入を得るための方法

 フリーランスのほとんどの人は「時間を自由に使いたい」「好きなことを仕事にしたい」と希望を持って仕事を始めます。しかし、いざ仕事を始めてみると仕事量の調整がうまくいかず時間に縛られてしまったり、思っていたより収入が入らず家計が圧迫されたりする場合があります。そうなると、好きなことを仕事にしたにも関わらず、だんだんそれが苦痛に感じるようになってしまいます。そうならないように、フリーランスが安定した収入を得るためにはどうしたらよいのでしょうか。

フリーランスの収入面の悩み

  フリーランスになってすぐからたくさんの仕事がある、たくさんの仕事をこなせるという人は本当にごくわずかです。また、今月あった仕事がまた来月もあるという保証もありません。仕事の量によって、毎月の収入にバラつきがあるのです。また、当然のことながら、病気や用事で仕事をしない時期があればその間の保証はなく収入はゼロです。さらに、クライアントとの打ち合わせなどでかかった交通費や、研修費、仕事をするために準備した資料費などはすべて自己負担です。

 以上のことを考えても、収入が安定しているサラリーマンとは大きく違いがあります。加えて、効率の良い仕事をしないと収入のアップは見込めないことを覚えておきましょう。フリーランスの仕事は、だいたい単価での計算になっています。同じ単価の仕事を1時間でこなす人と30分でこなす人では、最終的な仕事量には大きな違いがあり、結果収入にも差が出てくるのです。収入面の悩みは、精神的にも追い込まれる可能性があります。 

収入面の悩みを解消する方法

  収入を増やすには新規の取引先を獲得することが必要であり、収入を安定させるには継続的な仕事を確保することが必要です。そのためにはまず、自分ができる仕事や得意な仕事などを積極的にアピールして、営業することが大切です。その際、他のフリーランスの人と同じ売り込み方では、企業は目を留めてくれません。その企業が困っていることや必要としていることなどを研究し、それを解消するためのサービスを提案するなど、独自の売込み方をして取引先を確保しましょう。

  取引先には、継続して仕事の発注がもらえる企業を選ぶことが安定した収入を得る第一歩です。毎回単発の仕事を受け、納品しては次の取引を探しているという形態では、収入も安定せず落ち着いて仕事に集中することもできません。例えばライティングや制作関係の仕事なら、連載ものやシリーズ企画の仕事が受けられればその契約期間の収入は安定します。そしてその収入を基盤にまた次の、定期的に発注してもらえる取引先を増やしていくのです。 継続的に契約してもらえる取引先を得るには、やはり取引先の企業が何を求めているか、それに対してどのようなサービスや商品を提供できるかを研究していくことが大切です。 

 そして、病気をしないことや効率の良い作業をするなど、自己管理にも努めましょう。収入の安定は心の安定にもつながります。金銭面の悩みから解放されれば、気持ちに余裕ができ次のステップに向かう力が湧いてくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する