1. マネジメントを担当するリーダーに求められる資質

マネジメントを担当するリーダーに求められる資質

 組織のマネージャーは実に多くのことを見なくてはいけなく、そこから状況に応じて適切なマネジメントをしていかなければいけない役職です。マネージャーになるためには、様々な資質が必要となってくるでしょう。そこで、組織のマネジメントをするリーダーには、どのような資質が必要であるのかということを説明していきたいと思います。

人材の把握について

 マネジメントをする際には、メンバー1人1人の個性や人格を把握していかないといけません。ただ単に、人材の能力を見極めて適切かつ効率的な作業が全体的に行えるようにできるようにするだけでなく、1人1人の性格などをよく把握しなければ仲の悪い人間同士で対立が起こってしまったことで仕事上に無駄な対立が出る恐れもあり、チーム全体で能率が上がるということにつながらなかったりします。

 また、仕事で追い詰めすぎてしまってうつ病などを発症すれば、それは会社だけでなくマネージャー自身にもリスクにもなってしまうのです。そのためには、人材を見るための必要なコミュニケーション能力が必要だけでなく人材を適切に把握できる能力、人材に合わせて物事の対応を変えていく能力が必要であると思われます。

納期や予算の管理について

 次に、業務を行う際には全行程の中でかかる予算や納期の管理といった面を把握しないといけません。マネジメントリーダーは企画段階からプレゼン、製造工程、販売までに至るまでの全体的な仕事の進捗状況を管理しておく必要があります。それらをしっかりとすることによって、仕事の全体的な工程がうまくいくようにしなければならないのです。

 まずは、マネージャーには計画的に物事を行えるかどうかの管理能力が資質として問われることになります。また、事業の計画などの全行程のなかで、あらかじめどれぐらいの予算がかかるのだろうかという予定をある程度考慮して、そこから会社からの利益を出せるように計算をしないといけません。そのため、プロジェクトチームのマネージャーには費用の計算、収益予定の計算などといった会計的な能力と共に経営者としての視点も資質として必要となってきます。

 以上のことより、マネジメントリーダーには経営に必要な総合的な能力が必要になってきます。そのため、マネジメントリーダーになりたい方やもうなっている方は、普段から様々な面での知識や経験を吸収できるように常に色々なアンテナを張っておくとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する