1. 【失敗確率から分析する】起業で失敗しないために気を付けたいこと

【失敗確率から分析する】起業で失敗しないために気を付けたいこと

by mrhayata
 起業を志す人が考えなければならないリスクとして、起業が失敗してしまうということが挙げられるでしょう。起業を失敗させないためには、失敗する確率を認識して、失敗しないようリスクを減らすことが重要になります。ここでは、起業の失敗確率から考える、失敗しないための方法を紹介したいと思います。

5年以内に9割が失敗

 現在日本では、5年以内に約9割の起業が失敗すると言われています。大変厳しい数字にも思えますが、原因を探っていくと、失敗する要因を減らすことができ、結果として失敗も減らすことが出来るでしょう。

思考を変化させる必要性

 日本人の特性とも言えますが、思考パターンとして、他者と同一のものを好み、画一的なデザインや、組織が好きであるということが挙げられます。しかし、起業家にとって、画一的で同一のものを作ることは意味のないことです。独創性やオリジナリティを活かしたサービスや商品を持って起業するのがベストでしょう。

自分の興味関心の中で起業する

 利益を出すことを目的とした起業はうまくいくケースが少ないです。やはり、理念やマインドとして強く興味が惹かれるものでないと、起業家としてもつまらないと感じてしまいますし、良い人材が集まらないでしょう。

下準備をしっかりと行う

 サービスだけ面白さで考えて、そのまま突っ走ることを考えがちですが、それでは失敗してしまいがちです。起業するということは、リスクを自分から背負い込むことだということを認識し、成功するための準備を時間と手間を限りなくかけることです。起業しようと思ったらまず下準備をしっかりと行うことが大切になります。


 ここでは、失敗確率から考える起業で失敗しないために気を付けたいことを紹介しました。起業で失敗してしまう可能性は高いですが、しっかりと対策を行うことで失敗も最小限のリスクになるでしょう。ここで紹介したことに気を付け、起業を成功させましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する