1. 転職でキャリアアップを成功させるために注意すべき3つのポイント

転職でキャリアアップを成功させるために注意すべき3つのポイント

by Hsiung/d6478coke

 仕事をはじめて数年、そろそろこの仕事に見切りをつけて、キャリアアップを兼ねて転職したいなんて気持ちが湧いてきたなら、焦らずにこの文章を読んでみてください。転職というのは簡単そうに見えて実は相当なリスクがあるものです。安易に転職してしまうとキャリアアップどころか、著しいキャリアダウンに繋がってしまいます。最悪の場合、転職ばかりを繰り返す「転職難民」になってしまう可能性だってあります。今回はキャリアアップのための転職を成功させるための重要なポイントを3つ紹介します。まずは心を落ち着けてじっくりと読み、あなたの転職に役立ててください。

1.できる人材は辞めてから探さない

 転職において最も重大な間違いは「辞めてから探す」と言う事です。「二兎を追う者は一兎を得ず」などとは言いますが、転職に際しては、決してこの諺通りではありません。退路を断って挑むなどと言う事はまさに愚の骨頂です。無職の期間はない方が良いに決まっているのです。
 
 また在職中であるという事は「クビになっていない」事の証明でもありますから、担当者からの評価はおのずと高くなります。先に辞職してしまうと、どうしても履歴書には「一身上の都合により」などと書く事になりますし、それは担当者からみると「前職をクビになったのかも」という疑惑を抱かざるを得ない言葉です。

2.自分のスキルを確実に活かせる職場を探す

 次にキャリアアップを目指すためにはどのような職場を探せばよいのでしょうか。一番いいのは同じ業種の同じ職種を選ぶことです。採用担当者から見てもスキルアップのための転職だと履歴書を見れば一目でわかるからです。条件交渉で前職よりも高い位置を目指すのが妥当です。
 
 それに対し、失敗の可能性が高いのが別の業種への転職です。いくら社会人としての経験があったとしても、新しい業種においてはあなたは何のキャリアもない新人になってしまいます。これではキャリアアップとは言えません。
 
 もし全く別の業種や職種に転職するのであるなら、あなたがこれまでしてきた経験や人脈が活かせるかということを明確にする必要があります。これまでのスキルを活用して、転職先に新たな風を吹かせることを面接などで約束できれば、キャリアアップの成功率は高くなります。

3.将来のビジョンが想像できる会社を選ぶ

 またキャリアアップのための転職でもっとも重要なことは、将来のビジョンを明確に持つと言う事です。転職を成功させたいがためにキャリアアップを犠牲にしては元も子もありません。「大きな目標を見失ってはいないだろうか?」と常に自身に問いかけるべきです。

 キャリアアップのためにはさらなる転職が必要になる時が来るかもしれません。そんな時も目先の損得に惑わされてはいけません。自分のキャリアにとって何が必要なのか、どこへ向かえばいいのかという方針を明確にして恐れずに挑戦しましょう。
 
 「木を見て森を見ず」という諺もありますが、小さな事ばかりに目をこらすと大局を見逃します。常に先を見据えて自分の人生を成功に導いて行くことが必要です。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する