1. 組織のリーダーが経営戦略を立てるときに覚えておきたいこと

組織のリーダーが経営戦略を立てるときに覚えておきたいこと

 チームのリーダーは経営戦略を立てることにより、チームをよい方向に導いていかなければいけません。ここでは経営戦略とリーダーの関わり合いについて述べていきます。

勝てる戦略を考えること

 組織内のリーダーの役目として、チームの経営戦略を立てるということがあります。リーダーの責務は、最終的にはチームのアウトプットを最大限高めるということ、つまり結果を出すと言うことです。社長であれば会社全体のチームを、部門責任者なら自分が率いているチームの業績を向上させ、改善させていかなければなりません。

 もしリーダーが勝てる経営戦略を立てることができなければ、その組織やチームは存続していくことはないでしょうし、チームの意志もばらばらになってしまいます。大切なのは「勝てる経営戦略」を策定し、実践していくことです。

戦略を考えるときのポイント

 リーダーが考えなければいけないことのまず1つ目に、顧客に価値をもたらすものとして「差別化ポイント」が挙げられます。顧客に直接意味を持つもので、商品やサービス、流通やチャネル、広告販促、価格のどれかで表わすことができます。

 次に、その差別化のポイントを支えるための独自の資源が必要です。独自資源には、工場などのハード資源と人などのソフト資源に分けることができます。この2つの資源により無いものを作りだす事ができ、他社とも差別化させることができるようになります。

 そして最後に、顧客セグメントを設ける事が大切です。全ての顧客をターゲットにすることは不可能なため、自分が売りたい顧客や自社の強みを重視するような顧客にターゲットを絞ることが大切です。売りたい顧客と自分の強みを重視するような買ってくれる顧客のすり合わせをしましょう。自社の強みを表現し、それを評価してくれる顧客は誰かということをリサーチしてフォーカスしていくことがまず必要なことです。

 リーダーとして経営戦略を組み立てるには、顧客の価値を実現するために自社の強みを使ったり育てたりすることが大切になります。この関係性をしっかりと理解して、もし自分がリーダーとして戦略を考える事があれば、ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する