1. ソーシャルメディアを活用することで企業が得られるメリット

ソーシャルメディアを活用することで企業が得られるメリット

by JefferyTurner
 FacebookやTwitterなどを利用している人も増え、新たなコミュニケーション手段としてソーシャルメディアが注目されています。特に、企業にとって、今後、ソーシャルメディアを利用することは必須のことになるかもしれません。ここでは、企業にとってソーシャルメディアを利用するメリットは何かを紹介したいと思います。

情報を受取る人が「ファン」である可能性が高い

 ソーシャルメディアでは、自分が関心のある情報を能動的に取り入れることが出来る仕組みになっています。例えば、Twitterの「フォロー」や、Facebookの「いいね!」が仕組みとして挙げられるでしょう。これを裏返すと、自分の企業をフォローしてくれたり、いいね!してくれている人というのは、企業のファンの可能性が高いといえるでしょう。

 これを裏返すと、今まで、マスメディアで不特定多数に向けて発していたPRよりも、ソーシャルメディアを利用して発信したほうが、直接ファンに届き、効果が高い広報ができるということになります。これはソーシャルメディアの持つ大きなメリットと言えるでしょう。

双方向のやりとりが可能に

 今まで、広報活動や宣伝活動と言えば、企業が顧客に一方的に情報を与え続けるものでしたが、ソーシャルメディアは情報発信者と受け取り手の間にやり取りができるツールがそろっています。そのため、受け取り手からの反応を素早くキャッチすることができます。マーケティング調査ではわかりにくいニーズも可視化することができるでしょう。

 最近では、ニーズをそのまま商品化するケースも出てきており、今後、企業が一方的に発信を行うようなソーシャルメディアの使い方は減り、対話しながら関係性を築く活動が増えていくでしょう。


 ここでは、ソーシャルメディアを企業が利用する際のメリットを紹介しました。ソーシャルメディアは、今後さらに活用されることが予想されます。ここで紹介したメリットを考慮して、ソーシャルメディアを企業として活用してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する