1. 短期間で英語のヒアリング力を伸ばすため効果的なラジオの使い方

短期間で英語のヒアリング力を伸ばすため効果的なラジオの使い方

 英語を勉強するのに、ヒアリングが一番難しいと言う人が、とてもたくさんいます。英語で他のことは出来ても、ヒアリングだけは苦手だという人も大勢います。そこで、短期間で英語のヒアリング力を伸ばす効果的な勉強法を紹介します。

英語のインターネットラジオを聴く

 まずはじめに、英語のインターネットラジオを、毎日聴くようにしてください。散歩やマラソンをしているとき、家で料理を作っているときや、掃除をしているとき。いつでもいいので、できるだけ長い時間英語のインターネットラジオを聴くようにしてください。英語のヒアリングをすればするほど耳が慣れてきて、最初のうちとても速くて聞き取れなかった音がだんだん聞き取れるようになります。ラジオで話している人が普通の速さではっきりと話しているように聞こえるようになります。ラジオ番組は、ニュースなどがお勧めです。標準的な英語を話しており、話している内容の中に日常で使う英単語がたくさんでてくるので、効果的な英語のヒアリングの勉強になります。

インターネットラジオを聴く時の注意点

全てを聞き取ろうとしない

 英語のヒアリング力を効果的に伸ばすためには、初期の段階で英語のインターネットラジオを聴くときに全ての英単語を聞きとろうとしないことです。最初のうちは、全体的に何を言っているのかだけ理解できるように集中してください。細かい説明の部分は無視をしましょう。例えば、今は天気予報や交通情報のニュースで、さっきは経済のニュースだったというように、大まかな理解でかまいません。メインポイントが聞き取れるようになった後に、細かい部分が聞き取れるようになるようにしてください。日本語と同じで、一字一句全てを聞いていなくても、毎日英語を聞くことによって自然と話の内容が理解できるようになります。

絶対日本語に訳さない

 英語のインターネットラジオを聴いているときに、聴いた英語を決して日本語に訳さないようにしてください。日本語のように、ラジオで“私”と言っていたら“私”と頭に入ってくるように、英語で“I”と言っていたら、“I”で自分の頭に入ってくるように心がけてください。最初は、知っている単語などしか聞き取れないかもしれませんが、毎日ラジオを聴くとヒアリング力が上がってきて、文章として聞き取れるようになります。ヒアリングで一番大切なことは、聞こえてきたことをすぐに理解することです。英語から日本語に訳している間に、違う内容のことが話されているので、訳している間、その時に流れいる新しい内容を全て聞き逃してしまいます。英語を英語で理解できるようになるように、集中してヒアリングの勉強をしてください。ヒアリングの勉強をしていて、日本語が頭に浮かんでくることが多いときは、英語を聞く量をもっと増やすようにしましょう。

 インターネットラジオはヒアリング力を高めるのに効率的です。注意点もふまえてぜひ活用してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する