1. 英語でコミュニケーションを取る時に押さえておきたい基本的なポイント

英語でコミュニケーションを取る時に押さえておきたい基本的なポイント

 英語でコミュニケーションをとりたいと考えている人は多いと思いますが、そのための基本となることを理解していない人もいます。なかなか英語を使って英語のスピーカーとコミュニケーションを取るということを習得できないというのも、そのことが障害になっているのではないでしょうか。ぜひ、英語でコミュニケーションを取る基本を学んで、どんどん英語のスピーカーとコミュニケーションを取って、自分の人生をより豊かにしてください。

英語でのコミュニケーションは笑顔と態度も重要

 英語で人とコミュニケーションを取るために、英語を話すという根本的なことをマスターする前に、やるべき基本があります。それは話す時に、笑顔でフレンドリーな態度で相手に接する事ができるかということです。そして、その際の目線も大切です。話す相手の目を見るという基本的なことを忘れないようにしましょう。

 日本語は敬語や尊敬語、謙譲語などがあり、言葉だけで相手を敬うということが可能です。英語にもお願いするときには、「Please 」や「Would you」、「 Could you」などの表現を用いて丁寧に言うことも可能ですが、言葉だけでは相手になかなか伝わりにくいもの。仏頂面や能面のような顔で「Please 」と言っても、お願いしますという意味に取られないこともあります。ですから、英語でコミュニケーションを取る時は笑顔で親しみを込めて話す事が基本です。

 そして、日本人は、話したい英語を頭で考える際、目線を空中にもって行くということをよくやります。英語では、目線は相手の目をみて会話するのが基本です。一度に長い文章を話す必要は全くないので、相手とコミュニケーションをとっている間はきちんと目を見ることを心がけましょう。

英語の疑問詞をきちんと把握しよう

 英語でコミュニケーションを取る時は自分が思っている事を英語でいうことも大切ですが、相手の言っている事が理解できなければ、コミュニケーションは取れずに、一方的な会話になってしまいます。相手の話している内容をきちんと理解するために、わからないことが出てきた時は、疑問詞を使って、相手に質問をするのがコミュニケーションの基本です。

 英語の疑問詞というのは、「What 」、「Why 」、「Where」、「 When」、「 Who」、「which」、「 How」などのことであり、左から、「何」、「なぜ」、「どこ」、「いつ」、「誰」、「どれ」、「どのように」という意味になります。これらの疑問詞を使って質問文を練習しておくのも良い方法です。

意外に重要なaとthe

 英語のコミュニケーションの基本として、aとtheについて述べます。日本人は、あまり、この不定冠詞と定冠詞を気にしない人が大勢います。この二つを飛ばして英会話をする人もいます。aとtheぐらい飛ばしても問題ないだろうと考える人もいますが、英語のネイティブの人からすると、この冠詞があるべきところにないと、すっきりしないと考える人が多いのが事実です。日本語で言うと、「魚食べた」、「会社行く」というように、「を」や「に」や「へ」を抜かしたような感覚です。会話をスムーズにするためにも、冠詞が必要な時には入れられるように冠詞について勉強や復習をすることも大切です。

 英語は日本語と違う部分が多いのですが、そのことをふまえて相手の言語に合わせることが気持ちよいコミュニケーションをとるためのコツです。ぜひ意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する