1. Webデザイナーの名刺における工夫

Webデザイナーの名刺における工夫

 Webデザイナーは主にHPなどを制作するデザイナーの事ですが、できることならば「名刺」という平面作品についても普通の企業に勤める社員とは違い、個性を見せたいものです。ここでは、そんなWebデザイナーの人達が工夫しておくべき名刺の作り方についてお話します。

名刺のサイズと形について

 一般的な大きさの名刺を作るメリットはコストが抑えられたリ、標準の名刺入れに収めることができるということです。しかしせっかくならクリエイティブな職業性を活かして行きたいものです。サイズ変えたりダイカット加工という簡単な図形やイメージの形に切り取る方法を取り入れることも出来ます。大きさは標準サイズのものでも、繰り抜き加工を使った名刺を使用する、名刺に角丸加工を施したりすることで個性を見せることも可能です。

名刺の素材と効果について

 紙質や色一つでも名刺の表情は変わるものです。例えば、紙質にこだわったり色も無難なホワイトではなく、変わった色を使うことでおしゃれな名刺が作れます。印刷所に頼む場合には、オプションで名刺をコーティングしてくれる事もあります。プラスチック製の名刺や木製の名刺、エンボス加工や装飾などを用いることにより、立体感のある名刺を作りだすことが可能です。

 名刺には、名前や会社名、役職、問合せ先などを記入することが通常ですが、twitterやキャッチコピー等も加えたり背景画像などに趣向をこらすとより印象に残りやすくなります。名刺はWebデザイナーにおいては自分を宣伝する為の手段の一つになります。そのため他者と差を付けるためにも名刺で自分をアピールしたいものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する