1. フリーランスの人が収入を安定させるためには

フリーランスの人が収入を安定させるためには

 時間が自由に管理出来るフリーランスになっても、収入が安定しなければ生活も決して楽ではありません。フリーランスはサラリーマンとは違い、収入が安定しない人のほうが多いのです。問題は収入が途絶えることです。収入を安定させるために行動していきましょう。

クライアントとの信頼関係を深め仕事の幅を広げる

 クライアントの会社形態にもよりますが、クライアントとしっかり信頼関係を築けていれば、よい仕事を回してもらえ、多く仕事を回してくれるようになります。フリーランスを使っているクライアントが怖いのは、仕事途中で放り投げている、連絡がなかなかとれない、納期を守らない、品質が低いなどです。責任感を持って仕事をしていればクライアントからの信頼を得られるはずです。

複数のクライアントや収入源を作る

 フリーランスをしていると支払いに遅れ、未払いなどに遭遇することもあります。そういったこちら側でどうしようもない事に対してできることは、複数のクライアントと仕事をするということで解決できます。例えば1つのクライアントから毎月30万の仕事を受けていると、それだけでやっていけますし、1本に集約できるので楽ですが、そのクライアントが飛んでしまうとアウトです。そこで10万円の仕事3本を毎月こなすほうが安全です。

 フリーランスの場合、サラリーマンとは違い、ハプニングが発生することもしばしあります。4,5ヶ月は仕事をしなくても生活できる貯金は必要です。収入ゼロ、収入減になった時に、仕事探しをして、実際にお金がもらえるまでに長いところだと納品後2ヶ月近くかかります。定期的に入る収入と単発での収入など、複数の収入源を作っておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する