1. 企業の広報担当が公式アカウントでツイートする時のコツ

企業の広報担当が公式アカウントでツイートする時のコツ

by Takashi(aes256)
 Twitterでの広報はいかに話題になるかが重要です。その企業のTwitterをフォローする人の大半はその企業の商品に興味がある人です。しかし、それではその企業の商品に興味のない人はフォローしません。いかにその企業に興味がない人をフォローさせるかが重要となってきます。そのためには話題になって興味のなかった人に興味を持たせる必要があります。

Twitterで話題になっているネタを取り入れる

 ネタツイートは人気の公式企業アカウントが取り入れている方法です。例えば、タニタは人気アニメとコラボした際にはそのアニメのキャラクターの決め台詞などを呟き、シャープは自身の商品と関係がないのに芸能人の他にアニメや漫画のキャラクターの誕生日を祝うツイートをし、多くリツイートされています。本人も楽しく仕事が出来、ツイートも面白くユーモアのあるものになってくるのではないでしょうか。

個人的な事を呟く

 これもタニタ、ニッセンなどの企業の公式アカウントで取り入れられています。ニッセンは普段から個人的な事を呟いているためフォロワーから商品には全く関係のない相談事や個人的な質問が寄せられます。こういった個人的な事、又は趣味の事は一般の人が呟いても特に話題になる事は少ないですが、お堅いイメージのある大手企業がTwitterで呟く事によって親しみが持て、余計面白いツイートだと思ってもらえ話題になるのではないでしょうか。

 企業がTwitterで公式にアカウントを持った場合の一番のコツは面白いツイートをすることです。ただ真面目に商品やサービスについて呟いていても何も面白くありませんし、話題にもなりません。企業が公式のアカウントで面白い事を呟く事によってそのツイートがリツイートされて話題になり多くの人が興味を示すようになるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する