1. Twitterで宣伝効果を生む時間とは?【企業の商品PRの効果を高める方法】

Twitterで宣伝効果を生む時間とは?【企業の商品PRの効果を高める方法】

 ソーシャルメディアを利用した製品紹介は今や企業では当たり前になりつつあります。数々の企業が製品をTwitterでアピールすることにより、そのプロモーションに成功しています。しかし、Twitterで仮に製品やキャンペーンの広告を行ったとして、呟きに対し、反響が返ってくるまでの時間はなかなか想像がつきません。一体どのくらいで呟きに対する効果が出てくるものなのでしょうか。

Twitterで効果を生み出すには?

 基本的にTwitterは、他のソーシャルメディアと比べて呟きが表示される時間は極めて短く、次々と他のツイートに流されてしまいます。そのため、誰もがそのツイートを見かけるということは、一瞬で顧客の心をキャッチするようなツイートでなければなりません。顧客が喜ぶようなツイートであれば、リツイート数も増え反響はすぐに返ってくるでしょう。リツイートされる為にはフォロワーが見ている時間帯を意識してツイートしてみましょう。

Twitterでツイートする適切な時間

 Twitterではリツイートされやすい時間帯に狙って呟くことで、他の時間に呟くよりも宣伝効果が得られやすいでしょう。Twitterでのフォロワーがオンラインかどうかを調べるには「Tweriod」というサービスがお勧めです。「Tweriod」では、フォロワーが何時から何時の間がタイムラインを見ているのか、グラフにて表示してくれるツールです。拡散されやすい時間帯と自分のフォロワーがタイムラインを見ている時間帯は同じとは限らないので、細かくチェックする場合には便利なツールです。

 Twitterでは呟く一瞬が大切なため、沢山の人にツイートを見てもらいリツイートされるような投稿を心がけましょう。フォロワーがオンラインの時間帯を考えてツイートし、心を掴めば宣伝効果が生まれるまでに時間はかからないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する