1. 英語が伝わらないと感じる人が会話の中で意識すべき3つのこと

英語が伝わらないと感じる人が会話の中で意識すべき3つのこと

by jenny downing
 英語の発音が苦手だという人は多いのではないでしょうか。苦手意識が先に立ってしまい、話すこと自体に臆病になっていませんか?英語で相手とコミュニケーションを取るためには、必要なことがあります。ここでは、英語が伝わらないと感じる人が会話の中で意識すべきことを紹介したいと思います。

1. 大きな声で話す

 伝わらない原因として、大きな声で話さないことがまず挙げられるでしょう。日本人の多くが、自信がないと、小さな声で英語を話しがちです。これでは、相手もコミュニケーションを積極的に取ろうとしているとは感じられず、結果として伝わらないということになるでしょう。まず、大きな声で話すということを意識して下さい。

2. カタカナの意識を捨て去る

 カタカナ表記になっている英語で起こりがちですが、カタカナと同様の発音をしても相手には伝わらないです。英語には日本語にない音が多くあります。「a」1つをとっても英語は何通りもの発音があります。「r」と「l」、「v」と「b」、「s」と「th」などは、日本人は発音上一緒にしてしまいがちですが、明らかに違う音なのだということを意識して、発音するようにしましょう。

 英語は、子音の発音をシャープ、かつクリアに発音する必要があります。ちょっとオーバーだと思うくらいでちょうどいいでしょう。例えば「have」の「h」の音などは息を手に吹き掛けるような勢いのある音を出すとか、「k」の音も、歯の裏に息を鋭く当てるような感じで発音してみましょう。子音をはっきりすると、単語ひとつひとつにメリハリが出てきますから、相手も聞きとりやすくなるはずです。

 単語の語尾に母音を残して発音してしまう場合も多いでしょう。例えば「think」の終わりの音は「ク」ではなく、発音しません。そうしたことを意識して改善するだけで、英語らしい発音になります。

3.アクセントをしっかりとつける

 会話の中で、最も伝えたい単語を強めに発音するように気をつけると、文章に抑揚がつき、聞きとってもらいやすくなります。例えば「This is my boss, Mr. Sato」(こちらは上司の佐藤です)と言うなら、「boss」と「Sato」を強めに発音するという具合です。日本語は、英語と比べて抑揚やリズムが平坦です。元々そうした言語に慣れてきた日本人は、言葉にリズムや緩急を意識して付ける必要があるでしょう。

 
 ここでは、英語が伝わらないと感じる人が会話の中で意識すべきことを紹介しました。日本語と同じ感覚で話しても、英語で話す場合はなかなか伝わらないでしょう。ここで紹介したことを意識的に取り組むことで、日本語らしさが消え、良い英語のコミュニケーションができるので、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する