1. 企業がTwitterを活用してキャンペーンを成功させる方法

企業がTwitterを活用してキャンペーンを成功させる方法

by Mekkjp
 現在は様々な企業がTwitterを製品プロモーションの場として活用しています。また、時にはTwitterを活用したキャンペーンを行い、成功した事例もいくつか見られます。ここでは、Twitterを活用してキャンペーンを成功させた事例と合わせてキャンペーンをうまく行う方法についてみていきましょう。

Twitterで成功するキャンペーンの特徴

 Twitterのキャンペーンでは、ブランディングや商品の認知を促すパターンと販促するパターンがあります。ブランディング・認知パターンとしては、新商品が出た時に口コミで会社や商品の認知度を高めようとする方法で、「Twitterでお題に答えて○○を当てよう」などのキャンペーンを設けることが多いです。販促パターンとしては「○○をしてTwitterの割引クーポンを貰おう」「○○人にリツイートされたら○割引」などのようなものです。こちらは直接売り上げを上げるもので、製品の販売促進によさそうな手段です。

商品の認知度を上げる狙いのキャンペーン

 キリンの「BEER to friends」では、FacebookやTwitterの友人にビールをプレゼントすることができるというキャンペーンを行いました。これは、プレゼントするとツイートが表示され、拡散する仕組みになっていたため、あっという間に、キャンペーンサイトは拡散し、多くの人が利用したようです。

 このように、シェアをするとなにかご褒美がもらえるというようなキャンペーンをすると、シェアによりキャンペーンや商品の認知度を上げることができるようです。

販売の促進を図るキャンペーン

 ドミノピザはTwitterからクーポンの使用の旨をコメントするとネット割引と合わせて25%割引きのクーポンがもらえるというキャンペーンを行いました。ユニークな割引名が特徴で、「インコ割」「メガネ割」「おさげ割」「課長割」などで、話題に上がりました。

 ドミノピザではユニークなキャンペーンを数多く行っており、ソーシャルメディアへの露出を多く行っております。企業のイメージを作ることができ、また、販売を促進する効果も得ることができたのではないでしょうか。


 ここでは、企業がTwitterで行うキャンペーンを取り上げ、どういうキャンペーンがウケるのかを紹介しました。キャンペーンの内容がユニークであったり、拡散の仕組みがしっかりと確立されているものは非常にキャンペーンとしての効果が高いようですので、Twitterでキャンペーンを行うことを検討している企業の担当者は検討してみると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する