1. 【意思決定を行う人たち注目!】意思決定前に行うべきリスクマネジメント

【意思決定を行う人たち注目!】意思決定前に行うべきリスクマネジメント

by kevin dooley
 意思決定をが行われる際に最も考慮しなければいけないのがリスクの存在です。意思決定を行うことでどの様な方向を目指すにせよ、リスクがゼロということはありません。規模の違いはあれど、リスクは必ずついて回る問題です。
 
 最悪の事態を回避するためには、意思決定を行う前にリスクマネジメントをしておくことが求められます。そこで今回は、意思決定前に行うべきリスクマネジメントを紹介します。

1. 責任の所在を明確にする

 組織運営のもとで行われた意思決定では、どこに責任があるのかを明確にしておかなくてはいけません。責任の所在を曖昧にしたまま意思決定が行われると、組織の構成員は何かわからないことがあった時にだれに判断を仰げばいいのかわからなくなってしまいます。
 
 最終的な責任をトップが負うのは問題ありませんが、必要となる作業単位で責任者を設定しておかないと、作業段階における具体的な事案までトップが判断しないことになります。
 
 作業ごとの責任の所在を明確化し、責任範囲を明らかにすることで、現場で判断が下せる態勢が整えられます。責任範囲のもとでの裁量権が設定できれば、意思決定に基づいて組織運営を円滑に進めることできます。

2. 意思伝達プロセスの見直し

 意思決定に基づいて組織が一体となって動く場合、最も重要な要素が意思決定を伝達するプロセスです。意思決定がどんなに正しい物であったとしても、伝達プロセスがしっかりと構築されていないと末端まで伝達される間に意志が歪んで伝えられてしまい、意志が正しく反映されません。
 
 また、意思伝達プロセスのスピードが遅い場合、意思決定が組織全体に反映されるまでにタイムラグが生じてしまい、スピーディーな組織運営が不可能になってしまいます。
 
 意思決定を正確かつスピーディーに組織全体に伝達することができなければ、潜在的なリスク要因になり得ます。正確で素早い意思伝達プロセスの構築が、リスクを回避することに繋がります。

3. データ分析の多角化

 意思決定のためにはデータ分析が重要な意味を持ちますが、同じデータを基にした分析であっても前提条件が異なれば全く異なる結果が導き出されます。データ分析では、しばしば自分たちにとって都合のいいデータのみに注目してしまいがちになりますが、それでは本当に信用できるデータ分析にはなりません。

 複数の前提条件を用いてデータ分析を行い、導き出された様々な予測結果を比較検討することが、都合の良いデータのみを信じ込むというリスクを回避する手段です。

 意思決定前に行うべきリスクマネジメントは、どれも特別なことではありません。組織運営は絶対に理想通りにはいかないものであるということを念頭に置きながら、そこに潜むリスク要因を一つずつ丹念に潰していくことが、唯一のリスクマネジメントになると言えます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する