1. チームのモチベーションを保つ為にリーダーがやるべきこと

チームのモチベーションを保つ為にリーダーがやるべきこと

 チームのモチベーションを上手く保つというのは、リーダーの重要な仕事です。そしてそれは、リーダーが担う最も難しい課題であるといえるでしょう。そのマネジメントをいかに上手に行うかは人によって方法は変わると思いますが、軸として共通して押さえておくべきところはあります。

 しかしそれを押さえるためには、メンバーのモチベーションの根源はどこにあるのかを知っておかなければなりません。チーム全体のモチベーションを保つためには、どのようにメンバーをマネジメントするべきなのでしょうか。

モチベーションの発生源を知ること

 そもそもモチベーションとは、目標や目的に向かうための行動の原動力となるエネルギーや情熱のことです。その情熱をチームの1人1人が持ち続けるようにすることが、リーダーが担う仕事の1つとなります。

 それは、自分の仕事に対する情熱が冷めることのないような仕組みを作ることと言ってもよいでしょう。リーダーはメンバーがどのような時にその情熱を持つようになり、冷めてしまうのかを知っていなければなりません。

メンバーが情熱を持つ理由を知ること

 チームメンバーがモチベーションを絶えず持ち続けるためには、大きく2つの要素が必要です。プロジェクトにおいてメンバーそれぞれには与えられた仕事があるわけですが、その仕事にモチベーションを高い状態で打ち込める環境をリーダーは作る必要があるのです。

 1つは、メンバーがその仕事を任されていると実感できることです。メンバーが疑問を持つことなく打ち込めるように、メンバー自身が自分を必要とされていると認識できるようにしなければなりません。

 2つ目に大事なことは、他のメンバーが抱えている仕事を明確にしておくことです。自分の仕事だけではなく他のメンバーの仕事も知っておくことで、自分だけではなく他の人も同じチームで一つのものを作っている意識を持つことができます。そうすることで、自分だけではなく他のメンバーがいかに情熱を持って仕事に取り組んでいるかが見えるので自分もそれに負けじと仕事をするようになってくるものです。

メンバーのケアにも注力すること

 チームをマネジメントするうえで大切なことは、メンバー1人1人に気を配ることです。誰かひとりだけが問題を抱え、それを自分ひとりで何とかしなければと思うようになると精神的に辛くなってしまい自然とモチベーションも下がってしまいます。

 それぞれが自分の仕事に打ち込むばかりではなく、他のメンバーの手助けもできるような環境を作っていくこともリーダーがすべきマネジメントにおける大事な仕事です。そして、メンバーが問題を抱えていないかどうかも定期的にチェックしてケアしてあげるということをしなければなりません。

 一旦モチベーションが下がってしまうと、そこから持ち直すというのはなかなか難しいものです。そのため、仕事に悪影響が出る前に予防策を取らなければなりません。チームで仕事をしているというメリットを最大に活かし、リーダーを中心として高いモチベーションを保って仕事をするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する