1. Webデザイナーがスキルアップを目指していくときの方向性

Webデザイナーがスキルアップを目指していくときの方向性

by Isa Costa
 Webデザイナーの仕事は新しい技術や、トレンドとなるデザインを常に取り入れていかなければならないため、日々スキルアップが必要になります。ここでは、Webデザイナーがスキルアップしていく方向性を説明していきます。

現在持っているスキルをさらに伸ばす

 Webデザイナーが現在持っているスキルを伸ばすことが必要になるでしょう。Webデザイナーが持っているべきスキルとしては画像処理ソフトの利用ができることや、HTMLとCSSを使ったコーディングなどがあります。Webデザイナーとして、仕事にかける時間を短くすることがスキルアップに繋がるでしょう。画像処理ソフトのショートカットを覚えたり、HTMLやCSSの原型となるシートを作ることで、スピートアップをすることができ、同じ作業をしても、更に速い時間でWebサイトを完成させることができるようになります。

ワンランク上のスキルを身に付ける

 時間短縮のほかに、デザイン力を身に付け、ワンランク上のスキルを身につけることもスキルアップに繋がります。デザインの観点で見ると、ウェブデザインの現在の主流やトレンドを知ることや、配色が与える効果を知り、どのような色を用いると効果が出るのかを知ることが挙げられるでしょう。また、コーディングに関しては、JavaScriptを知ることで、ギミックで趣向を凝らしたものができるようになったり、動的なサイトを作ることができるようになったりして、さらに表現の幅が広がるでしょう。


 ここでは、Webデザイナーとしてスキルアップをはかる方向性を紹介しました。自分が現在持っているスキルを伸ばすことも必要ですが、さらにスキルを身につけたり、トレンドを掴んだりすることも有効になります。Webデザイナーとしてスキルを伸ばし、活躍できるように頑張りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する