1. 【履歴書の訂正】訂正印の使用はOK?履歴書の書き間違いの対処法と予防法

【履歴書の訂正】訂正印の使用はOK?履歴書の書き間違いの対処法と予防法

【履歴書の訂正】訂正印の使用はOK?履歴書の書き間違いの対処法と予防法 1番目の画像

 インターネットが発達し、様々な文書がパソコンで作成されるようになった今でも、就活や転職で使う履歴書は手書きのものを求められる場面はまだ多い。

 手書きの履歴書は、相手に誠意が伝わりやすい反面、書き間違えた時の訂正が大変でもある。

 今回は、就活や転職で使う手書きの履歴書で書き間違えてしまった際の対処法と、訂正せねばならない事態を前もって防ぐための工夫について解説する。 

【履歴書の訂正】履歴書で書き間違えたときの対処法

【履歴書の訂正】訂正印の使用はOK?履歴書の書き間違いの対処法と予防法 2番目の画像

【履歴書の訂正】新しく書き直すのがベスト

  たとえたった一文字でも履歴書の記入に書き間違えてしまった場合は、訂正するのではなく新しい履歴書用紙を準備して、履歴書を書き直そう

 修正ペンや修正テープを使って履歴書を訂正してしまうと、転職先・志望先の人事に手を抜いていると受け取られてしまい、面接で不利になる可能性もある。

 また、履歴書の修正・訂正のために二重線を引いて訂正印を押すというのも、履歴書をぱっと見た時に、ミスが目立ってしまうため控えてほしい

 この二重線と訂正印を用いた訂正の仕方はビジネスシーンにおいて一般的だが、就職活動・転職活動の履歴書では提出者のミスを際立たせてしまう。

 多少面倒でも、履歴書の記入ミスは訂正・修正ではなく、必ず新しい用紙で一から書き直すことを心がけてほしい。

【履歴書の訂正】予備の履歴書は常備しておくとよい

 多くの場合、履歴書は転職先・志望先の会社に郵送で送るのではないだろうか。

 しかし、場合によっては履歴書を自分で持っていく場合もある。その場合、会社に履歴書を持参する道中で履歴書の記載ミスに気付くこともある。

 その際にもすぐに履歴書を書き直せるように、予備の履歴書と証明写真、のりやカッターなどを持ち歩くことをおすすめしたい。

履歴書の記入で書き間違え・ミスをしたときの対処法

  • 修正液・修正テープ・訂正印による訂正は好ましくない
  • 常に予備の履歴書用紙を用意し、新しく書き直せるようにしておくべき

【履歴書の訂正】履歴書で訂正を防ぐ2つの工夫

【履歴書の訂正】訂正印の使用はOK?履歴書の書き間違いの対処法と予防法 3番目の画像

 このように、履歴書で書き間違えなどのミスをしてしまうと、一から書き直す・訂正するといった多くの手間がかかる。

 忙しい就職活動や転職活動の中、少しでも手間を省いて進めるためにも、一番最初に書く時に細心の注意を払うようにすべきだ。

 以下では、訂正のいらない履歴書を書くためのポイントを2点紹介する。

履歴書の訂正を防ぐポイント①ひな形を作る

 すぐに本番の履歴書を書くのではなく、必ずひな形を作っておくようにするとよい。これは手書きでもパソコンでもよい。

 転職中に書く履歴書は、おそらく複数枚にも上るはず。

 作成の度にいちいち考えずにすむように履歴書の書き方のひな形を作っておけば、履歴書を書く際の書き間違えやミスは大幅に減らせるだろう。

履歴書の訂正を防ぐポイント②時間に余裕を持つ

 期限ぎりぎりに履歴書を書いているとどうしても焦ってしまい、書き間違いが起こりやすくなる。

 履歴書は落ち着いた気持ちで、時間に余裕のある時に書くように心がけよう。

履歴書の訂正を防ぐ書き方のポイント

  • ①履歴書のひな形を作る
  • ②時間に余裕を持って作成する

 履歴書は、就職活動・転職活動において自分の顔とも言える書類である。大事な履歴書でミスせずに書けるように、集中して取り組むようにしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する