1. 【やってきた事業内容で勝負!】フリーランスで働く人の名刺に載せておきたいこと

【やってきた事業内容で勝負!】フリーランスで働く人の名刺に載せておきたいこと

【やってきた事業内容で勝負!】フリーランスで働く人の名刺に載せておきたいこと 1番目の画像
by mersy
 フリーランスで働く方のアピール活動の一環として重要になるのが名刺のデザインや作成の仕方になります。基本的なフォーマットは押さえながらも、自分の特徴を表すことが必要になります。ここでは、フリーランスの方が名刺を作る際に気を付けたいポイントを紹介したいと思います。

自身の一番のアピールポイントを記載する

 フリーランスの方は会社名でなく、実績やスキルで勝負する必要があると思います。自分の魅力や得意分野、専門的技術、所有資格などのアピールができるような名刺にしましょう。そのためには、自分の実績や担当している仕事について触れるような経歴や、仕事内容を名刺に記載しておくといいでしょう。そうすることで、自分の持つスキルをアピールでき、仕事を受注しやすくなるのではないでしょうか。

基本は押さえながらも、特徴のある名刺に

 会社との取引では、名刺でマナーを見られる場合も多くあります。名刺として、基本となる形式や形は守るようにしましょう。名刺のサイズや材質は、一般的なものと合わせるようにしましょう。デザインはこだわっても良いですが、あまりにビジネスにふさわしくないものは避けましょう。また、住所や連絡先は必ず記載するようにしましょう。

 名刺はビジネスの顔と言えるものでありますので、基本的な記載事項とフォーマットを抑えておくことがフリーランスの場合でも重要になります。


 ここでは、フリーランスの方の名刺の作り方を紹介しました。フリーランスの場合であっても、ビジネスにふさわしい名刺を作成し、自分をしっかりとアピールするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する