1. 英語でチェックインする時の会話で今すぐ使える3つのフレーズ

英語でチェックインする時の会話で今すぐ使える3つのフレーズ

 出張でどこか海外に行くことになった時、世界共通語である英語を使う必要が出てきます。今回はホテルや予約したレストランへチェックインする際の言い回しについて勉強してみましょう。

 カウンターに行って、何を伝えればいいのかわからずに、カウンターに行って、予約している客だとわかってもらえるだろうなんて、とりあえず自分の名前を何度も連呼するなんて恥ずかしい思いをしなくて済むように、しっかりとチェックインの時に使う簡単な英語を覚えておくととても便利です。

1. "Check in, please."

まず、この"Check in, please."ですが、とても簡単な英語の会話の言い回しです。チェックインしたいという一番大事な用件をハッキリと伝える事が出来ます。日本語のように回りくどく、今日から予約をしている○×ですが、、、等と言う必要は、英語においては全くありません。「チェックインプリーズ」と言えば相手に通じます。この"Check in, please."は、日本語では「チェックインしたいのですが」と訳される事がほとんどです。

 このチェックインの意思を相手に伝えると、次に相手から必要事項を聞いてくれます。そこからは頑張って会話をしてみて下さい。と言っても、おそらく相手が聞いてくる事は名前は何なのか、予約はしているのか等という質問事項が予想されますので、その質問事項をしっかりと聞き取れるように耳を傾けて下さい。

2. "I have a reservation."

 次に"I have a reservation."というこの言い回しですが、「予約をしています」と訳されます。予約をしているので、その予約に対してチェックインしたいという意味になります。ホテルやレストラン、何か会議室の予約など、予約が必要なものであれば、この"I have a reservation."「予約をしているのですが。」という英語を伝えると、自動的にチェックインの手続きが始まります。

3. "I have no reservation. Do you have a room available?"

 ホテルを予約していない時には、そのホテルに空いている部屋があるのかを確かめる必要があります。急な出張でホテルの予約を取ることができなかった時などに使える表現です。

 英語の会話において重要なのは、端的に伝えたい事を伝えるという事です。英語の会話においては、日本語のように相手の気持ちを考えたり、相手がどう思うだろうか、等と余計な事は考えずに、伝えたい用件を出来るだけストレートにハッキリとわかりやすく伝える必要があります。

 チェックインしたいという事が一番の目的であれば、この目的を果たす為に必要な言葉を簡単に伝えるのです。それには、"Check in, please."という簡単な3語だけです。難しく考えずに、自信を持って使ってみて下さい。英語の会話がもう怖くなくなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する