1. 起業を成功に導くために押さえておきたい3つの秘訣

起業を成功に導くために押さえておきたい3つの秘訣

 起業を成功させるためには、起業する前の綿密な準備が必要なことは言うまでもありません。しかし、本当の勝負は起業してからです。「スタートは順調に切れたのに、そのあとどうも業績が伸び悩んでいる」とか「このままでは、長期的な展望が開けない」あるいは「こんなはずではなかった」と焦る起業家は、けっして少なくありません。そういう悩みを抱えている人、これから起業しようと考えている人のために、起業を成功に導く3つの秘訣を紹介します。

1. 大胆な見直し

 起業前に作った計画が、そのまま実行できるとは限りません。実際に事業を進めていく中で、現実を直視しながら細かい変更を重ねていくことが必要となります。まずまず順調にいっているときは、細かい計画変更で対応できるでしょう。しかし、当初考えていたのとはまったく違う結果が出て、しかもそれが続くようなら、どこかで大胆な見直しをしなければなりません。場合によっては、計画を丸ごと作り変える必要もあるでしょう。中には、当初の事業そのものを別のものに替えてしまうというケースもあります。業種の変更さえありうるのです。そして、それで成功したという例はまた少なくありません。

 起業家に共通しているのは、自分が志した事業への強い想い、情熱です。それだけに、そうした大胆な変更、方向転換はなかなかしにくいもの。どうしても最初の計画にこだわって、そのために業績がさらに悪化してしまうということもあるのです。遅くならないタイミングで大胆に見直す。その勇気と決断力が、起業の成功の秘訣です。

2. 豊富な人脈

 成功した起業家に共通しているのが、豊富な人脈を持っていること。これも秘訣の1つといっていいでしょう。日々の仕事で、わからないこと、困ったことがあった場合、適切なアドバイスをしてくれる友人や知人がいれば、それだけ事業を前に進めやすくなります。また、新しいアイデアのヒントも、幅広い人間関係の中から生まれてくるものです。直接自分の事業とは関係ないような分野の人脈、これが起業を成功へと導いてくれるのです。

 起業を考える人は、できるだけ多くの人と知り合い、広く厚い人脈を作っておくようにすべきです。起業した後も人脈の開拓を続けていくこと、それが成功への道なのではないでしょうか。

3. 確実な資金調達策

 事業に資金繰りはつきものです。起業するときにある程度資金が必要だということは言うまでもありませんが、起業したあとも様々な場面で資金調達の必要になってきます。せっかく新しい事業計画を立てても、資金不足になったのでは、計画は絵に描いた餅。また「ここが勝負どころ」という事業拡張のタイミングもあります。
 
 そのとき迅速に対応するために、できれば複数の確実な資金調達策を持っているといいでしょう。「資金が足りないから計画をあきらめる、縮小する」というのでは、事業は小さくまとまったままになってしまいます。


 この3つの秘訣は、ある程度起業前に準備できることです。実際に事業を始める前に、できるだけ多くの「人とお金」の引き出しを作っておくこと。そして「大胆さ」を身につけること。それらを今一度意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する