1. 起業を成功させるために準備期間のうちにしておきたい2つのこと

起業を成功させるために準備期間のうちにしておきたい2つのこと

by fukapon
 起業して失敗する原因の一つに準備期間に必要な準備がなされていないことが挙げられます。しかし、起業する際の準備といっても何をすればよいのかわからないという方も多いでしょう。ここでは、起業する際の準備期間にしておきたいことを紹介します。

1.情報収集とスキルアップを図る

 まず、ビジネスの情報収集が必要となります。ビジネスを取り巻く周辺環境や参入する市場に関する情報を収集しましょう。アンテナを張り、様々な情報について、多角的な目線で情報を集めるようにしましょう。また、セミナーや勉強会に参加してみるのもいいでしょう。積極的な人脈作りが、起業のヒントになることもあります。

 そしてその分野で有効なスキルアップを目指します。起業するジャンルにもよりますが、経営者が普遍的に知っていなければならない法律の知識や、マネジメントスキルを高められるように本や講習を受けてみるとよいでしょう。

2.事業計画の作成と資金作り

 起業するための準備期間に是非考えて欲しいこととしては、事業計画書の作成があります。事業計画を立てなくても起業は出来ますが、事業計画書を作っておく事で、ビジョンが明確化でき、ビジネスを始める為に何が必要なのかを把握出来るようになります。

 起業する際には開業資金が必要となりますが、事業計画書を作成していれば、運転資金にいくら必要なのかが把握でき、融資も受けることができるはずです。一般的に、運転資金は最低でも6ヶ月分は準備しておいた方が安全であると言われています。起業準備期間中にしっかり考え活動することが重要です。


 ここでは、起業の準備期間にしておきたいことを紹介しました。準備期間に何をしてきたかが、その後の起業の成功を左右しますので、しっかりとした計画を作り、準備を進めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する